頑張って運営していきますので、何卒応援・ご支援お願いします!

Y!mobile(ワイモバイル)と格安SIM(MVNO)、携帯キャリアの違いと比較

2019-06-01ガジェット携帯キャリア, 格安SIM, サービス、商品紹介

もう卒業シーズンということで、新生活、携帯キャリアにするか格安SIMにするか、色々と悩む人が多いと思う。

特に格安SIMについてはデータ速度の噂、料金プランも難解、業者多すぎ問題などで、色々な情報が飛び交ってて何がいいのかさっぱり分からない。

現在、僕はウィルコムからのY!mobile(Yモバイル)を使っている。

そんな僕も他の方が安いかもしれない、乗り換えてみようか、と、調べてみた結果「データ速度以外にも実は格安SIMではできない機能の問題」などが分かって、現在も乗り換えずにいるのだ。

せっかくなんで、それらについて述べていきたいと思う。

何かの参考になってくれれば。

スポンサーリンク

現在はYモバとUQの2択:格安SIM系は回線が遅い?メディアでの公的検証のデータ速度比較では

よく格安SIM系で言われるのが「回線が安定しない」「提示されている速度が出ない」というデータ通信にまつわるもの。

色々と噂まがいの情報も多いが、信憑性の高いものとして、メディア「アスキー」が検証を行い公表したものが一番参考になると思う。

速度の安定性までメディアが調査した結果から言うと、「Yモバイル」と「UQ」の2択。

お互い、ソフトバンク系とAU系と通信会社系列なので、納得の感じもする。

ちなみに、Yモバイルに至っては自社ネットワーク網があるのでいわゆる格安SIM(MVNO)ではなく、独自の通信会社と言ってもいいかもしれない。

Y!mobile(ワイモバイル)サイト

UQ mobileサイト

Y!mobile(Yモバイル)のメリットは他の携帯キャリアと同様に使え、格安SIM級に安い:コスパ最強

「他の携帯キャリアとほぼ同等に使える」そして「携帯キャリアより安い」、さらに言ってしまえば店舗も多いので(少なくとも都内は)修理対応の持ち込みとかにも便利だと思った。

つまり、コスパでいえば最強となる。

LINEなどの年齢確認認証が可能:メリット1

僕はY!mobileを使っている。

Y!モバイルは通信の安定性の他、他の格安SIMができない「年齢確認認証」なども可能なため、とりあえず今後出てくるであろうアプリにも他通信キャリア同様、通常対応ができるということ。

現在はLINEなどのSNS系だが、今後、個人間送金などの金融系、決済系などで使われる可能性も考慮すると安心できる、という点。

これは他のMVNO(格安SIM)にはできない強力な利点だ。

データ速度が安定して早い:メリット2

上述しているアスキーでのデータ速度検証の記事でも示されているが、データ速度が他の多くの格安SIMとは違い安定して早い。

これは非常に頼もしい。

さすが独自ネットワーク網を持つキャリアである。(第4の携帯キャリア)

店舗も多い:メリット3

修理対応みたいに、何かあった時にもサービス店舗が多いことはメリットになると思う。

安い。テザリングも無料:メリット4

多くの携帯キャリアに見られるテザリングオプションも、Yモバイルは利用規約に同意するだけで無料。

まじで便利。ただテザリングはPCとかに使うとアッという間に容量使い切るから注意しよう。

ちなみに僕の使っているプランは、プランM。ソフトバンクと比べると下記のような違いがある。

  • Yモバイル:スマホプランM:データ容量6GB:月々3980円
  • ソフトバンク:ミニモンスター:5GB:月々8000円

他のキャリアもソフトバンクとそこまで大差ない金額である。

つまり、Yモバイルなら他携帯キャリアと同じように使えるのに半額!!

これが僕の決定打になった。

UQモバイルも安い

※ 僕はYモバイルを選んだのでUQは使っていません。

一応、UQモバイルもYモバイルと同じような料金帯のプランがあり、店舗数も多い。

ので、コスパで言えば同等ということになる。

ただし、上述しているように「LINEの年齢認証」などの機能は使えない。

今後、年齢認証が必要なアプリが増えても大丈夫、という覚悟であれば問題がないと思う。

モバイルルーター(ポケットwifi):Wimax使うなら有りかも

wimaxもUQが展開している関係上、モバイルルーター(ポケットwifi)「Wimaxも欲しいよね」という人にはUQにはセットのプランがあるので、有りだと思う。

スポンサーリンク

現状の格安SIMは、店舗と値段でいえばYモバとUQの2択

まぁ、個人的に調べてみた結果、それなりに使うならYモバイルとUQの二択になるわなっ、という感じだと思う。

その中でも色々と利便性も含めて「Yモバイル」が良いと思う。

今のところ不便はしていない。

格安SIM系注意:最新のハイスペック端末はない

特にゲームをバリバリやろうと思う人には難点かもしれないのが、格安系は「ハイスペック端末」を置いていないこと。

Yモバイルもせいぜいミドルスペックの「AndroidONE」が限界だ。

なので、ハイスペック端末でYモバイルにしたければ、なるべくソフトバンク回線対応の白ロムを自分で購入してきて、入れ替えるしかない。

これは自己責任での作業になるので、それが怖い人はYモバイルの製品機種を選ぶか、他通信キャリアの製品を選ぼう。

スポンサーリンク