良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

コスパ最強:スマホをシャープAQUOS R2 compact(SIMフリー、白ロム)に機種変:感想レビュー

2020-04-03ガジェット

使っていたスマホの機種をSIMフリーの新品の「AQUOS R2 compact」に機種変した。

先に結論を述べてしまうと、執筆している現在「2020/03/14」では間違いなくコスパ最強スマホと言える。

CPUはハイスペッククラスのSDM845、メモリも4GB。国内SIMフリー版があり、白ロムは新品価格で3.5万円以内から買える!!

大きさはNexus 5とiPhone SE のちょうど中間ぐらい。昨今のスマホでいば小さいコンパクトな方だ。(比較画像は後述します)

以前「Xperia XZ」系列を狙っている、という記事を書いたが色々と調べた結果、急遽変更した。

理由としては、これも後で述べるが「Xperia XZ」系列にWaveファイル形式の再生がないなど、独自仕様的に劣る点が見られたため。

その経緯を含めて述べていきたいと思う。

スポンサーリンク

Y!mobile(Yモバイル)の機種変、ハイスペック機種がない問題

自分はその安さゆえY!mobile(Yモバイル)を使用している。

【過去記事】

Yモバイルは、Nuxus5xを最後にハイスペック機種の取り扱いがなくなった。

故に普通に機種変しようすると「ベンチマーク的にはせいぜい同等クラス」しかないことに気づいた。

なお、それぞれの機種端末のベンチマーク性能は下記で確認している。

そこでSIMフリー版かSIMロック解除版の白ロムを入手しようとしたのである。

なお、シャープの「AQUOS R2 compact」は、ソニーの「XZ2 premium」やGoogleの「Pixel3」とほぼ同性能のチップというのが分かる。

比較:「シャープAQUOS R2 compact」VS「SONY Xperia XZ2 premium」

自分もそうであったが国産スマホで高スペックスマホといえば「Sony」の「Xperia」シリーズだった。

色々調べていく中でシャープのハイスペックブランド「AQUOS Rシリーズ」を知り、比較してみると、Rシリーズの方が良い気がしてきた。

カタログスペックで比較、AQUOS R2 compactはコスパで優勢

CPUは両者SDM845、メモリも4GBで互角。

XZ2はSIMフリーが国内向けではなく、その他SIMロック解除版を未使用レベルで購入しようとすると、5万円以上する場合がある。

一方で「AQUOS R2 compact」は国内向けSIMフリー版が存在し、価格は安くて3.5万円から。

さらにXZ2は調べてみると、再生できる音声ファイルの形式に「WAVE」ファイルがない。(というより、Xperiaシリーズの伝統かもしれない)

一方でAQUOS Rは再生できる音声ファイルの形式に「WAVEファイル」がある。

普通に音楽を聴く分には、圧縮形式がほとんどなので問題がない、が、別のボイス系音声作品は「WAVファイル」であることが多々あるので、この点は気になる。

特に最近はVtuberのボイス販売などがあるため、この点を重要視する人はいると思う。

なお、イヤホンジャックも備えている。

機能と価格、そしてSIMフリーを備えた「AQUOS R2 compact」は最強コスパである

電池の持ちは悪い方だと思う

なにせ2500Mah。大型スマホより20%ぐらい少ない。

これは自分の体感であるけども、それまで使っていた「Nexus 5x」と同レベルのバッテリーの持ちだと思う。

新品で買っているので、まだそこまで気にならないが、時を経てバッテリーの持ちが悪くなった時に悲惨な目に遭いそうな予感がする。

全体的な使用感:YモバイルのSIMカードはセットするだけで何も設定せずに使える

冒頭で述べた大きさの比較。左がiPhone SE、右が今回のAQUOS R2 compact。(恥ずかしながら、保護フィルムの貼り付けをミスってしまい、もう一枚購入して張ることにした)

YモバイルのSIMカードはセットしただけで何も設定せずに使えている。(もちろん、既に電話ができることを確認している)

さすがSIMフリーだぜ。

小型端末の悩みか、ちょうど指紋認証の上にある画面内のホームボタンが極端に小さくタッチしにくい(最初気づかなかったレベル)。Nexus5xのように、指紋認証を裏にするとかで何とかならなかったのか。

この操作性の悪さは慣れていく覚悟が必要だと思う。

スポンサーリンク

【放置で育成、ハクスラゲーム!】
ストアからダウンロード

AQUOS R2 compactは現在、格安SIMにとっても最強コスパ端末では

シャープ製で国内向けSIMフリーのハイスペックモデル。それでいて価格は4万円を切る。

ブランドによる安心感も加味して、これはもう総じて最強コスパ端末といっても良いのでは?

思えば、ガラケーはシャープの「SH05」以来、ずっとシャープを使ってきた。

PHSもシャープだった。

AndroidでPHSから変更した時に離れたが、僕はまたシャープに戻ってきた。そう、これは運命なのかもしれない。

スポンサーリンク
【個人的にオススメ】【回線速度・値段】
ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。

【読者登録をして、新着通知を受け取る】