コメント書きたい方は記事の最下部に、欄があります

eSports(eスポーツ)考察:収益から見るブーム(決算情報より)

2019-02-10ゲーム考察・雑感, ゲームについて, eスポーツ

eスポーツは産業的にブームと呼べるか?

eスポーツで日本人から1億円の賞金を獲得した選手が登場。

先日、カードソシャゲのシャドウバースの世界大会において日本の「ふぇぐ選手」が優勝したニュースが流れた。

app.famitsu.com

ついに国内でも賞金円1億のゲームの国際大会が開かれ、そしてその1億円を獲得する選手が出た!

今年の流行語のトップ10にも選ばれ、ブーム感が出ているeスポーツだが、その実態は非常に厳しいものになっている。

スポンサーリンク

収益はメディア露出とは正反対の苦境

www.daij1n.info

以前、このブログで記事にしたもの。

有名な格闘ゲーム「Evo」の祭典の日本版が開催。

しかし、収益としては赤字を発表している。

gamebiz.jp

また、同じくゲームの大会「RAGE」やストリーム「Openrec」を運営しているCyberZも赤字の大幅拡大という形で決算を発表している。

eスポーツ関連の収益が発表され、メディアで話題になる事は少ないが、この分野で景気の良い話はまだ聞こえてきていない。

eスポーツは「仮想通貨」や「スマホバブル」とは違い、それによって利益が出た試しがないのにブームとされた産業になっている

eスポーツの収益性の悪さは、今後に影響が出そうな気がする

かつて日本にもeスポーツが事あるごとに叫ばれ、そして一過性のものとして消えていった歴史がある。

認知の低さ以上にネックなのは、おそらくはこういった収益性の悪さだと思う。

収入は変わらず、大会規模を大きくすればさらなる収益悪化を招く恐れもある。

そうなれば、歴史は繰り返し、また一過性のものとして表舞台から「eスポーツ」が消えていくことになるだろう。

ゲーマーは、ゲームプレイ以外にどのぐらいお金を払い、労力(時間)をかけられるだろうか?

この問いこそ、答えになっている気がする。

ゲーマーは自分のゲームをプレイすることに対し、お金と時間を費やす。

ゲーマーの多くは、非大会参加者である。

で、あるならば、自分が参加しない大会に対し、ゲーマーはどのぐらい自らのゲームプレイに費やす時間を削って大会を見て、そしてどのぐらいその大会にお金をかけられるか。

そして大会運営企業は、この難問に立ち向かわないといけない。

「そのゲームが好きなら、公式大会だって見るだろ?」

と、いうのは、企業側の都合のよい妄想。

それは僕がFPSタイトルを運営してた時も強く感じた。多くのゲーマーは大会には参加しないし、見もしない。ただ、ゲームはする。

スポンサーリンク

最後に:どのスポーツビジネスでも話題になった収益性の問題

スポーツと収益性については、日本のメジャーなプロスポーツである野球やサッカーでも問題になり、メディアでも取り上げられ、かつて議論されてきた問題ではある。

(多くの場合、いかにコミュニティを巻き込めるか、な形ではあった。)

日本で一番を誇るであろうメジャーのプロスポーツですら、その安定的な収益性確保が難しいことが分かる。

スポンサー、親会社の広告費代、でスポーツビジネスが成り立たないのが分かる。

eスポーツでも露出が増え、大会規模が大きくなりそうな今、どのような形で安定的な収益性を確保するのか、今後のビジネスモデルの確立の議論が待たれる。

企業の劇的な利益をもたらした「パズドラ」に端を発した「スマホゲームブーム」。「憶り人」という言葉を作り、同じく劇的な利益をもたらした「仮想通貨ブーム」とは違い、eスポーツはまだ産業として「ブーム」とは言えない位置にあるのかもしれない。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)