ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

huluで映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」のネット配信を見た

台風の影響もあって、この前はネット配信サービス「hulu」で特集されていた映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」を見ていた。

エピソード1~6までを期間8月2日まで配信とのこと。

スターウォーズはテレビでも放映されていて、子供のころに何度か見たはずなんだけど、いかんせん、内容をいまいち覚えていない、ということもあって改めて見ることにしたのだっ。

f:id:daij1n:20180729195404p:plain

f:id:daij1n:20180729195507p:plain

huluの特集ページ


【hulu】

そもそもスター・ウォーズ(Star Wars)とは

f:id:daij1n:20180729183258j:plain

わざわざ説明しなくてもいいぐらい世界的有名なスペース・オペラシリーズ。

wikiによると興行収入は世界歴代2位らしい。

遠い昔、遥か彼方の銀河系で繰り広げられる、神秘的な力「フォース」、特に強大な力を持つジェダイの「ルーク」と「アナキン」の物語。

エピソード4~6は特に考えずに楽しめる冒険活劇ライトノベル設定なストーリー

公開された順番としては下記のとおり。

  • エピソード4~6
  • エピソード1~3
  • エピソード7~

全エピソードで「9」あるらしい。(「6」で終わり宣言したり色々事情がある模様ではあるが)

エピソード4以降は共和国(帝国)の支配も及ばない辺境の星で暮らす「ルーク」が、帝国と反乱軍の戦争に巻き込まれ、反乱軍側で戦うストーリー。

友情あり、恋愛あり(ルークではないが)、巨大な敵に特別な力を持つルークが大活躍する、まさにライトノベル的冒険活劇といっても過言ではない展開でストーリーは進んでいくので、誰でも安心でき見ることができるようになっている。

悪く言えば、脳死しながら見られる。

見所:SFだけどファンタジー

フォースがかなり神秘的な力になっており、念力などの超能力系はもちろん、霊体の存在など、神秘的な話が登場する。

また、異形の人外生物が闊歩するため、SFなのにファンタジー感も強く感じられると思う。

ジェダイの掟の考察

ジェダイの掟は、作中ではっきりするものが少ないが「執着の禁止」「恋愛の禁止(これも執着の範囲になる)」「怒りの禁止」など、どちらかというと仏教的な教えに近い。

(仏教もまた同理由で執着、恋愛、心の動揺が禁止されている。)

アニメ「スターウォーズ:クローンウォーズ」も「hulu」でネット配信されている

エピソード2と3の間を埋めるストーリー「スターウォーズ:クローンウォーズ」もhuluで配信されている。

こちらは期限が今のところないので、ゆっくり見ようかと思っている。

アナキンにアトーカという弟子がいるのが驚きだ。(映画では一切の言及なかった)


hulu

最後に

そこまで深いストーリーではないので、有名な映画シリーズではあるので「まぁ、せっかくだし見てもいいか」ぐらいな気持ちで見るのがいいのかもしれない。

アニメ以外の映画は期間限定なので、見たい人はお早めに。

「フォースと共にあらんことを」

当サイトのプライバシーポリシーについて