よかったらTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタン「COPY」は記事URLコピーボタンです。

SSD増設:フリーソフトのディスク管理ツール「MiniTool Partition Wizard」を使ってみた

2020-11-06ネットサービス・ツールアプリ紹介案件

現在、使っているゲーム用のストレージのSSDは250GB。

現代のゲームは容量に100GBクラスを要求するものもあり、割と厳しめになってきたのでSSDを増設することにした。

購入したのはSamsung 860 EVOの1TB。

created by Rinker
日本サムスン
¥9,980 (2020/11/29 20:00:22時点 Amazon調べ-詳細)
だいじん
だいじん
さすがに1TBもあれば、しばらく大丈夫だろ。

前回のプライムデーで購入した品だ。

後はパーティションの新規作成とデータの入れ替えを実行するだけ。これらの機能が一通り揃っている「MiniTool Partition Wizard」の無料版を利用することにした。

なお、製品版は下記。

スポンサーリンク
おすすめもの!

パーティションを作成する

ドライブ文字の割り当てのないディスクを右クリックすると「新規作成」の項目がある。

こちらでパーティションを作成できる。各設定項目に関しては全て「デフォルト」で問題ないだろう。

設定したら念のため再起動する。

なお、ここではディスク1だったが、再起動したらディスク4に変わってた。謎だ。

データの入れ替え方法:ディスクコピーを実行する

データを入れ替える。データドライブだったらこのソフトの付属の「ディスクコピー」を選択すればいい。

上記のパーティションを割り当てる前であれば、「パーティションコピー」で割り当ても諸々やってくれるらしい。

なお、有料版だと「OSの入ったシステムドライブのコピーが可能」。

「ディスクコピー」を選択して、コピー元とコピー先のドライブを選択すると下記のようなオプション選択画面が出てくる。

要はパーティション分けされた状態で行うか行わないか、だが個人的にはドライブ文字が増えるのが嫌なので、パーティションを分けない方法を選択することにした。(ディスク全体に合わせる)

「データが破壊される」という非常に怖い警告メッセージが現れる。

一応、途中でキャンセルをしてみたりしたが、データが壊されることはなかった。

もう少しマイルドなローカライズが必要だろう。

こんな感じでコピーが続く。大体170GBで4時間ほどかかった。

最後にドライブ文字を入れ替えて作業終了だ。

Steamのゲームの入れ替えする方法

Steamのゲームの一部でコピー中にエラーが発生した。おそらくゲーム側のセキュリティによるものかと思う。

Steamのゲームを入れているドライブであれば、ディスクコピーではなく、steamの機能を使った入れ替えをしよう。

なんとMinitoolさんのサイトで説明があった。こちらでも図解で説明する

設定>ダウンロードでインストール先を変更

これでインストール先を変更できる

ライブラリで個々のゲームを移す

今度はインストールしているゲームを個別で移していく。

上部メニュー「ライブラリ」からインストールゲームを右クリック「プロパティ」→「ローカルファイル」と選んでいくと「インストールフォルダの移動」の欄があるので、それを利用する。

多機能:その他のMiniTool Partition Wizardの機能

その他、今回は使わなかったがメニューを見て見ると、下記の機能がある。

  • データ復元
  • パーティション復元
  • ディスクベンチマーク

こちらは興味のある人はやってみるのもいいかもしれない。

ディスク管理ソフトウェアとして非常に多機能なソフトだった。

OSのシステムドライブの入れ替えの機能もあるみたいだが、こちらは有料版から利用できるとのことだ。

無料版と有料版の機能の違いは下記公式サイトに記載されている。

無料でもデータドライブ増設レベルであれば、十分以上の機能がある。

他にも機能を絞った買い切りソフトなど、値段の安いソフトがある。これらは自分が必要とするものとの兼ね合いで考慮する必要があると思う。

スポンサーリンク

ストレージのSSD/HDDはいずれ増設する機会がある

ストレージはPCを使っていれば、増設しなくてはいけない機会が出てくる。

その時「MiniTool Partition Wizard」のようなフリーソフトは便利かもしれない。

【製品版】

だいじん
だいじん
容量を増やしたので積みゲーが捗るっ!
スポンサーリンク

【読者登録をして、新着通知を受け取る】