よかったらTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタン「COPY」は記事URLコピーボタンです。

音楽聞き放題サービスAmazon Music Primeが作業BGM構築に便利だった

ネットサービス・ツールアプリAmazon,音楽

最近はituneよりAmazon Prime Musicをよく使うようになってきた。

月額聞き放題サービスとして上位サービスのUnlimitedよりも利用曲の少なさは不便だが、ブラウザでの利用が可能、買った曲なら同じようにストリーミング再生のライブラリ構築が可能という点から作業BGM構築に非常に便利なのだ。

AmazonPrime会員ならそのまま使えるサービスなんでめっちゃオススメです。

だいじん
だいじん
ブログ作業も動画作業も捗るマン
info!
スポンサーリンク

作業BGMに最適:Amazon Prime Music

AmazonPrimeMusicは既定の利用曲であれば、ストリーミング再生が可能なサービス。

しかし、その他にも「Amazonでダウンロード楽曲を購入したものは、ストリーミング再生としてライブラリ構築が可能」という便利な機能がある。

  • ブラウザでのサービス利用が可能
  • 既定曲は物足りないが、Amazonでのダウンロード楽曲はライブラリ構築が可能

好きな曲をいつでもかけることができる。特に作業することが多いPCのBGMにはちょうどいい。

Unlimitedとの違いは利用曲の数の違いだけ

Unlimitedという月額サービスが別にあるが、UI等は全く同じで違いは利用曲数の違いのみになる。

PrimeMusicでも200万曲ストリーミング再生可能とあるが、実際にライブラリを構築すると苦労するぐらいに再生できる曲が少ない。(特に最近の曲)

その上、PrimeMusicで再生可能だったものも、いつの間にかそこから外れて利用できなくなるということもある。

実際最近だとウマ娘の「うまぴょい伝説」はPrimeMusicで利用できたが、この執筆時点では利用できなくなっている。(Amazonめ)

ブラウザでの利用可、スマホはアプリから利用できる

特に「PCでブラウザで利用が可能」というところが地味に便利。

作業中なためか、わざわざソフトウェアを立ち上げたりするのがこんにも煩わしいものだとは思わなかった。

ブラウザで手頃に使えるサービスとして十分メリットがある機能だと思う。

好きな曲を買って、無限に回す!

ダウンロード回数制限曲も、ライブラリからのダウンロードは無制限の場合がある

どういう理屈か分からないが、ダウンロード楽曲を購入した後、PrimeMusicで再生ライブラリを構築すると、Amazonサービスではダウンロード回数制限のある曲でも無限にダウンロードできる、というものがある。

裏技ではなく、公式からそう案内される。

購入した楽曲は、一番右の設定マークをクリックすると「ダウンロード」の項目があるので、ここを押すことでダウンロードが可能。

ちなみに、AmazonでダウンロードしたものとPrime Musicでダウンロードしたものはファイルサイズを見たところ同じだったので、同等のものと思われる。

じゃあAmazonサイトからも無限にダウンロードできればいいのに、と思ったが何かの事情があるんだろう。

UIは使いにくい:実際ブラウザでの使い方

このホームには「購入した楽曲」は表示されずホームはくそ使いにくい。

AmazonPrimeMusicのホーム画面

購入した楽曲をライブラリで構築してフルで回すマンには無用のホーム。

上部メニューからさっさと「ライブラリ」に移ろう。

ライブラリを見てもここに購入した楽曲は表示されない。

ここでさらに「購入済み」を選ぶことで一覧が表示される。

あとは選択した曲をプレイリストに追加していこう。

スポンサーリンク

最後に:

ブラウザ・アプリとフルに作業BGMを回せるAmazon MusicはUIの使いやすさはともかくとして、非常に便利なサービスだと思う。

しばらくはこちらを使ってくつもり。

「Youtubeは途中でCM入るから嫌すぎる」という人はAmazon会員ならばAmazonPrimeMusicを利用することをおすすめする。

スポンサーリンク

【読者登録をして、新着通知を受け取る】