コメント書きたい方は記事の最下部に、欄があります。
よろしかったらTwitterフォローやシェアもよろしくお願いします!

ゲーム部プロジェクト再々炎上:れそ氏のTwitter発言により

2019-10-03Vtuber-YoutuberVtuber, ゲーム部プロジェクト

9月より、声優も一新して新体制になってやや落ち着いた感のあるゲーム部プロジェクトが、また再度炎上している。

今度の炎上はUnlimited代表のれそ氏の発言を受けて、だ。

過去よりゲーム部プロジェクトの記録を追ってきたので、今回も記事にすることにした。

スポンサーリンク

炎上の経緯:VTuberのヒメヒナのワンマンライブ「心を叫べ」にて旧ゲーム部声優が全員出演したことで、代表ぶちぎれる

20分ぐらいで、前座として4人の旧ゲーム部声優さんたちの声と掛け合いが聞こえるぞっ。

この事件に関しては、詳しくは下記のニコニコ動画にてまとめられている。

多くのvtuber達が祝辞を述べる中、ただ一人、ぶち切れていたので余計に目立った。

会社のプレスリリースとは何だか言っていることが違うような

本人のツイートとしては「パワハラはなかった」「無理矢理『あったことを』認めた」と、その恨み節を言っている。

以前、会社で出した声明とはだいぶ違うことを言っている。

【抜粋】

今後は別の道を歩むことになりましたが、これまでゲーム部プロジェクトを支えてきた声優スタッフ 4 名の貢献には深く感謝しています。本当にありがとうございました。

多様な価値観・世界観が広がっている VTuber 業界ですが、私たち Unlimited 社は定義するのであればキャラクターコンテンツの運営会社として、声優スタッフをはじめアニメーション制作スタッフやコーポレートスタッフ、また社外の様々な方の協力の下、皆様にさらに楽しんでいただけるような新しい作品づくりにチーム一丸となってチャレンジしていきます。

なお、パワハラの経緯についてはこう書いている。

下記、抜粋したもの。

2019年4月5日にゲーム部プロジェクトの声優スタッフ4名より、制作スタッフによる配慮を欠いたいじめとも受け取られるコミュニケーションが度重なりあった、という指摘とともに、業務辞退の申し入れがございました。

特に声優スタッフを軽視する様な言動が、声優スタッフに精神的な苦痛を与えておりました。

本指摘を踏まえ声優スタッフとの話し合いと実態把握を通じて、指摘通りの不適切なコミュニケーションがあったこと、また声優スタッフの業務内容や業務量を適切に管理し、業務情報を共有する立場の人間がいなかったことで、声優スタッフへ過度な業務負担を強いる状況となっていたという問題が明らかになりました。

関連記事として:僕のブログでも取り上げたので。

れそ氏の発言による炎上は今回に限らない:eスポーツ、マジカルストーン、RMT

れそ氏発言による炎上は今回に限らなく、かつてぷよぷよのクローンゲーム「マジカルストーン」や「ゲームメディア」を作り運営する会社を設立、経営していたが、過去に「RMT(リアルマネートレード会社」を経営したことがバレ、また自信のツイッターの過激な発言が問題視され、炎上。

マジカルストーンはオープンβテストで終了という形で終わった。

また、信憑性の問題はあるが、会社の事情について内部リークも話題になった。

その他の影響:スポンサーしてたゲーム大会の運営が賞金資金を返却

ついでに言えば、これを受けてスポンサーをしていた「スマブラの大会」では、賞金の援助として受け取っていた資金を返却する騒ぎにもなった。

なつかしいね。

しばらくツイッターは鍵アカウント(非公開)にしていたが、最近また公開したらしい

過去の炎上を受けて、れそ氏のツイッターは鍵アカウントになっていたが、最近になってまた新規に作って公開したらしい。

わずか数か月で、また炎上することとなった。

スポンサーリンク

最後に:もうこれは才能かもしれん

人は、変わらない!!

以前はゲーマーからヘイトを受け、今度はVtuberファンからヘイトを受ける。

もうこれは才能かもしれんね。

ゲーム部プロジェクトの記事は下記にもまとめてあります

記事冒頭にあるタグでも分かると思いますが、ゲーム部系やVtuber系の記事をまとめているので、よかったらどぞ。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。