良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

えっちなイヤホン(E500)は本当にHなのか?ASMR動画で検証する!

2020-03-05日記・コラム, 自作PC:ハード・ソフトガジェット

少し前に「Hなイヤホン(えっちなイヤホン)」が話題になったことがあった。

Final製のE500。公式の概要を見ているとVRとバイノーラルに特化して作られているという。

簡単に説明すると「声とその発生位置を分かりやすくした」という事だと思われる。

しかし、値段は2000円程度の安いイヤホンだ。

final (ファイナル) E500 カナル型 イヤホン【 VR バイノーラル ASMR 推奨】
created by Rinker

(楽天で買うとちょっと高いよ)

よってこの「えっち探求者」たる僕が、その性能を確かめようと思ったのだ。

購入してから3ヶ月ぐらい経った感想を述べる。

昨年末に僕は音響環境をパワーアップさせたので、検証にはちょうど良い!

音の発生位置である定位に定評のあるG6である。

E500は見た目は普通のイヤホン。

スポンサーリンク

そもそもなぜ「えっちなイヤホン」が話題になったのか

それはとある声優「小岩井ことり」の一言から始まった。

声のプロである声優さんが、ここまでえっち(語弊)というからには、絶対えっちなんだよ!!!

ということで、僕も購入したのである。

ゲーミングヘッドセット「PC360」vs「E500」比較、えちえちASMRではどっちがエッチか!?

ということで、比較対象は10年前にゲーミングヘッドセットで発売されたゼンハイザー「PC360」。

僕の愛用品である。

【 限定】 ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 開放型 ノイズキャンセリングマイク PC 360 SE

ドイツの老舗オーディオメーカーからでたヘッドセットのフラグシップモデルで、音の定位にも評価がある。

それは後続機種が出て生産中止になった後、現在、SE(セカンドエディション)として復刻販売されていることからも分かる。

比較動画に様々なASMR動画を聞いてみた。

(その一つに、300万円機材のガチなASMR動画があったので、紹介する)

こちらで検証したところ、定位という点では「PC360」と、ほぼ互角程度に思える。音の良さ的には「PC360」の方が良い。

両方持っていて「音の定位を感じる」用途であれば、PC360で大丈夫かと思う。

PC360の「ゲーミングセット」という性能だから当然かもしれないが、ASMRで「ちゃんと定位取れている感」がしたのは、何か新鮮だ。

(そもそも10年前とはいえ、そのフラグシップモデル)

しかしE500にしか感じられない魅力がある。それはこれが「イヤホンである」ということ。

大きなイヤーパッドのヘッドセットでは、音と耳の間の、隙間を感じる。

イヤホンで直接耳に突っ込むこの「E500」は、耳かきや吐息が、ヘッドセットより耳へのゼロ距離ダイレクト感を感じることができた。

イヤーパッドがゴム製?で密閉されているおかげだと思う。

これは、割と重要な部分かもしれない。

E500には不得意な部分もある

音楽で言えば、上杉昇「Frozen World」のような静かな雰囲気物の音楽は少し苦手そうなイメージだった。

FROZEN WORLD

FROZEN WORLD

  • provided courtesy of iTunes
スポンサーリンク

【放置で育成、ハクスラゲーム!】
ストアからダウンロード

結論:E500は「BGM」より「SE、ボイス」が得意、えっちなイヤホンの神髄はゼロ距離だった

final (ファイナル) E500 カナル型 イヤホン【 VR バイノーラル ASMR 推奨】
created by Rinker

花火が開いた時のパラパラとした音や、人の通常の話声に対しては、非常に聞きやすい感じがした。

一方で音楽に関しては、通常の安いイヤホン。

別途、音楽の種類によっては多少違和感を感じる程度の不得意さはあった。

しかし、最大の魅力は、このイヤホンが2000円程度というコスパ。

それで、耳へのゼロ距離ダイレクト感を感じられるという価値かもしれない。

スポンサーリンク
【個人的にオススメ】【回線速度・値段】
ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。

【読者登録をして、新着通知を受け取る】