ゲーマー逃避行ブログ

気になるニュース雑感、趣味のこと、ゲームのことを色々語ります。

AMDの新CPU「FXシリーズ」がまさに死産状態


AMDの新アーキテクチャ「Bulldozer」のCPU
FXシリーズのベンチマーク結果が発売前から
色々とひどい状態と伝えられております。(もう発売されておりますが)

4gamerより…「FX-8150」
「ついに登場のBulldozerアーキテクチャ。
“Zambezi”はゲーマーのためのCPUか」


4gamerより…「FX-6100」「FX-4100」
「6コアと4コアのZambeziは光るものを見せてくれるか」

それぞれの記事を見ていても
既に発売しているIntel製CPUの4ケタはおろか、
総合力でAM3時代のAMD既存製品に敗れる始末。
一体どうしてこうなった。
32nmのメリットはどこへ? っと
4Gamerの記事にも書かれておりますが、
消費電力的にも性能的にもわざわざ選ぶ必要がない気がします。

ちょっと前に発売された「A8-3850」は
CPU単体のGPU性能でI7の2600kを遥かに凌駕するという魅力があり、
今のタイミングでこのFXシリーズを投入する事に疑問を感じます。
「デスクトップPC向けLlano「A8-3850」レビュー,GPUコア編」(4gamerより)

Socket7K6以降10年以上、
そのコストパフォーマンスの良さから
ずっとAMDのCPUを使い続けた僕も、
ちょっと今回ばかりは首をかしげるばかりです。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】