コメント書きたい方は記事の最下部に、欄があります。
よろしかったらTwitterフォローやシェアもよろしくお願いします!

【面白い】笑えるコピペまとめ:名文が多いオタク、アイドルヲタク編

2019-07-04ネット文化コピペ

趣味でコピペ研究・収集をしてるだいじんです。

廃れつつあるコピペ文化を追い続けて5回目。

今回はオタク編です!

スポンサーリンク

オタク揶揄コピペ編:キモオタ

限界オタクの元ネタ:敬礼!

今日、電車乗ってたら、前にキモオタが二人乗ってきた。

なんか一人がデカイ声で「貴様は~~~!!だから2ちゃんねるで馬鹿にされるというのだ~~~!!この~~~!」
ともう片方の首を絞めました。
絞められた方は「ぐええぇーー!悪霊退散悪霊退散!!」と十字を切っていた。
割と絞められているらしく、顔がドンドンピンクになっていった。

渋谷でもう一人、仲間らしい奴が乗り込んできてその二人に声をかけた。
「お!忍者キッドさんとレオンさん!奇遇ですね!」
「おお!そういう君は****(聞き取れず。何かキュンポぽい名前)ではないか!敬礼!」
「敬礼!出た!敬礼出た!得意技!敬礼出た!敬礼!これ!敬礼出たよ~~!」
俺は限界だと思った。

今となっては、神めいた推しに出会い、興奮度MAXになって何言ってるんだか分からない状態を指す「限界オタク」という言葉があるが、元ネタはこれ。(多分)

オウフwww

オウフwwwいわゆるストレートな質問キタコレですねwww
おっとっとwww拙者『キタコレ』などとついネット用語がwww
まあ拙者の場合ハルヒ好きとは言っても、いわゆるラノベとしてのハルヒでなく
メタSF作品として見ているちょっと変わり者ですのでwwwダン・シモンズの影響がですねwwww

ドプフォwwwついマニアックな知識が出てしまいましたwwwいや失敬失敬www
まあ萌えのメタファーとしての長門は純粋によく書けてるなと賞賛できますがwww
私みたいに一歩引いた見方をするとですねwww
ポストエヴァのメタファーと商業主義のキッチュさを引き継いだキャラとしてのですねwww
朝比奈みくるの文学性はですねwwww

フォカヌポウwww拙者これではまるでオタクみたいwww
拙者はオタクではござらんのでwwwコポォ

その後、これらの意味不明な言葉を使った川柳が「オタク川柳」として入選した。

デュフフコポォ オウフドプフォ フォカヌポウ

第7回 あなたが選ぶオタク川柳大賞(2012)より

アイドルオタク発狂コピペ編

道重さゆみ(モーニング娘。)と吉野家:俺さゆのこと好きすぎて

握手会の後に吉野家でモーヲタらしき奴と隣合わせたんだけど別のヲタに「俺さゆのこと好きすぎてどうしたらいいかわかんねえ」とか言って牛丼に涙こぼして店内がざわついてた

モーニング娘。「道重さゆみ」の握手会イベントの一コマコピペ。

その溢れるパワー(本気汁)に衝撃が走った。

その後、吉野家イベントを行い『焼鳥つくね丼』が通称「さゆ丼」となった

うーん。運命を感じる

飯田圭織と伝説のバスツアー

夜短冊を飾ってたらガイドが
「七夕は一年に一度織姫様と彦星が会える日なんです」
とかいってさ、ファンの皆さんも飯田さんに会えて良かったですね、なんて言うんだよ

そしたら誰かが急にちいさいこえで
「彦星様見つかってよかったねカオリン」
なんて言って、
みんながざわざわしてから口々におめでとうを言い始めた
俺はそんなこと言えるわけないから下向いて唾飲んでたんだ

どんなバカヤロウがそんな偽善ぬかしてるのかと隣みたらさ
おめでとうとかいってるオッサンがみんな泣いてた
俺も泣いた

どういうことかというと、元モーニング娘。「飯田圭織」のファンとのバスツアーイベントが七夕の7/7に開催。

しかし、開催日前日の18時に、つんくプロデュースのバンドとのデキ婚が報道されてしまう。

その中でのできごと。

終了後

解散して帰宅の電車に一人で乗った途端に嗚咽してしまった
他の乗客の視線を意識してみっともないとは思ったが涙も泣き声も止まらない
席から立ち上がる気力もなく家の最寄り駅を大分過ぎてから漸く下車した
今だに家に帰る気持ちにはなれずホームのベンチにへたり込んでいる
こんな惨めで虚しくて情けない気持ちになったのは生まれて初めてだ

電車が入線してくる度いっそホームに飛び込もうかとも思ってしまう
帰りのバスの車内では十年間応援し続けてきた人間に対して
最後にこの仕打ちは酷過ぎるとも憤ってもいたが今はどうでも良い
本当にもう何もかもどうでも良い

実はこれ、元々は声優のマリ姉こと「國府田マリ子」の時のコピペの改変らしい(信憑性は不明)

その他、バスツアーのできごとが色々と語られているが、割とネタが多いらしい。

しかし、名文である。

ジャニオタコピペ(赤西(元KAT-TUN)):ファンと仁とのEternal

デビュー前からのファンだけど別に発狂してないよ。
もともと「結婚したい」「子供が欲しい」ってよく言ってたし、
仁に振り回されるのは馴れてるし。

こんな奴だけど好きなんだからしょうがない。
型に嵌らないのが仁だしね。

プライベートはメイサが支えればいい。
私達は仁の音楽=魂を支えるから。

その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、
そうやっていつか仁のDNAと混ざり合うから。
それがファンと仁とのEternalだし。

「KAT-TUN」の元メンバー「赤西仁」と 女優の「黒木メイサ」の結婚報道で生まれたコピペ。

「それがファンと仁とのEternalだし。」というパワーワード感が人気になった。

スポンサーリンク

最後に:

コピペを見ながら、インターネット老人ながら「当時はネット用語(特に2chで利用される言葉)」をリアルで使うのがタブーな感じあったよなぁっと思ってしまった。

そういう時代があったんですよ。

アイドルオタの発狂コピペが名文なのは、どこか退廃的なラブレターみを感じるからだと思う。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。