SNSボタン「COPY」は記事URLコピーボタンです。よかったらシェアお願いしますっ!
新着記事などはメニューボタンから見られます。

サウンドブラスター X-FI Titanium 不具合色々

2021-11-05日記・お知らせ,日記・コラム,趣味の事,ゲーミングPC・デバイス・ガジェット自作PC,サウンドカード

僕はサウンドボードに
Sound Blaster X-FI Titanium を使っているのですが、
Skypeでの自分の声がノイズまみれになってしまう
という問題が発生し、
解決までだいぶ時間がかかってしまいました。

また、その他にも解決しない色々不具合があるので
ここに書き記そうと思います。


まず、skypeのノイズの原因はドライバのアップデート。
Ver 2.17.0007 以降のドライバでこの問題が発生することを確認。
結局Ver 2.17.0006 にアップデートし、問題が解決しました。

現在、CreativeのドライバリストにVer 2.17.0006がないので、
今同じような問題で困ってる人は下記のサイトから
ドライバをダウンロードすれば良いと思います。

Wiki Driver Sound_Blaster_X-Fi_Titaniumドライバのページ

それと、Skypeのマイクの音量を自動調整する設定をしていると、
自動的に音量コントロールの録音プロパティの選択を
マイクから別のものに切り替えてしまうので

Skypeの設定で、録音音量を自動調整をしない設定にします。

また、コンソールランチャでイコライザをいじると、
100%コンソールランチャが強制終了します。
この解決方法は謎のままです。

Sound Blaster はサウンドボードの特にゲーム用途として
有名なシリーズではありますが、
こうも不具合が多いというのは困り物ですね。

アップデートは慎重に行いたいと思います。

スポンサーリンク

【読者登録をして、新着通知を受け取る】