ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

VRChatで遊ぶとVRヘッドマウントディスプレイが欲しくなる

3D空間でかわいいアバター使ってチャットができる「VRchat」というのが最近話題なので、僕も早速、手を出してみた。

VRchatとは

3D空間をアバターで彷徨いながら、他の人とボイスチャットできるものである。

現在はSteamで無料で配信されている。

テキストチャットはできず、ボイスチャットのみで使用する。

VRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)に対応している。

アバターは自作もできて、いろんなアバターを作っている人がいる。

公式サイトや日本Wikiなど

VRChat公式サイト

VRchat 日本wiki

※VRチャットは日本語化されていないので、日本wikiが助かる。

早速ログインしてみた

知り合いに誘われ、日本人が多いワールドに行った。ここには日本人と日本語を話せる外国の人が多いらしい。

f:id:daij1n:20180603095115p:plain

ちなみに日本語が話せる韓国人(まだ高校生)と知り合うことになり、フレンド登録したで。高校生のときからバイリンガルなんて、将来有望ですな。(本人曰く、アニメだけで日本語を覚えたため、漢字が苦手らしい)

VRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)があれば、モーションキャプチャ(?)してわちゃわちゃできる

僕みたいにVR環境がなく、非VRモードでプレイすると、デフォルトのまま立っているだけらしいのだが、VRのヘッドマウントディスプレイ(HMD)があると、アバターがモーションをトレースしてわちゃわちゃできるらしい。

f:id:daij1n:20180603101138j:plain

わちゃわちゃ

f:id:daij1n:20180603101319j:plain

わちゃわちゃ

この方のお洋服には「Kawaii Force」「百鬼夜行」というマークがあった。

「Kawaii Force」は、この世界のKawaiiの最先端をいくグループらしい?

一番安いヘッドマウントディスプレイを探す

いや、こんなん見せられたら僕だってVR環境が欲しくなってしまいますやん。

HTC Viveとかが有名だけど、10万円超えで手が出せそうにない。

そこで、Windows MRがSteam VRに対応したことで、この辺りから安そうなものを探してみた。

Lenovoのやつでも4万円超え、これにそれなりのスペックを要求されるから、僕がVR環境を持つのはまだ先になりそうです。

LenovoのWindowsMR対応HMD「G0A20002JP」

アバターには特別モーションがあるらしい

f:id:daij1n:20180603104256j:plain

メイドインアビスのレグ君のアバターは火葬砲「シンシネレーター」をぶっ放していた。しゅごい。

f:id:daij1n:20180603104517j:plain

かなり広範囲に距離を指定できるらしい。

いい匂いのふわふわナナチもいたので(アニメーションは不明)張ってみる

f:id:daij1n:20180603104607j:plain

僕もHMDがあれば、クンカクンカしてたに違いない。

VRヘッドマウントディスプレイがめっちゃ欲しくなるVRチャット

「VR元年」「キラーソフトなし」と言われているVR界隈ですが、まさかのVRチャットが、そのキラーソフトになるのではないか、と思った第一印象でした。

僕もかわいいアバターでわちゃわちゃしたいんじゃー!

当サイトのプライバシーポリシーについて