宇宙機開発プロジェクト:すごい「ふるさと納税」を発見してしまった

2019-02-10

国内でも民間で宇宙へ行ける可能性

 

色々話題になっている「ふるさと納税」で、すごいプロジェクトを発見してしまった。

ガバメントクラウドファンディングで、なんと、民間の宇宙機開発プロジェクトの支援が募られていた。

www.furusato-tax.jp

100万円寄付の返礼品も「高度100km(無重力)のトライ参加券」と壮大なものになっている。

海外では既に「スペースX」という企業が、実現に向けて色々やっていたりはするが、まさか日本ではふるさと納税でやろうとしているから驚きである。

ガバメントクラウドファンディング

行政が行うクラウドファンディングで、ここの寄付は「ふるさと納税」の対象にできる、というサービス。

2019年に無人で高度100kmを計画とのこと

プロジェクトのロードマップがあり、既にエンジンなど技術部分はクリアされており、次は2019年中に無人でのテストを行うとのこと。

月には行けないかもしれないが、「地球を無重力空間上で見降ろす」経験がしたい人は、考えても良いのではないだろうか。(ただし、計画がとん挫する可能性も、ある)

〆切は2019年1月31日、もうすぐ終わるので気を付けて。

スポンサーリンク

最後に:プロジェクトの宣伝不足感

僕も最近知った。

メディアでは宇宙に行く民間人として「前澤社長」の話や、海外の民間企業の「スペースX」の話題が多いが、この挑戦的で壮大なプロジェクトも、もっと報道しても良かったんじゃないだろうか。

なんというか、宣伝不足感が感じられた。

(ふるさと納税は、そこまで宣伝してはいけないルールがあるのかもしれない)

スポンサーリンク