ゲーマー逃避行ブログ

気になるニュース雑感、趣味のこと、ゲームのことを色々語ります。

千葉県の怪奇スポットに行ってきた


先週の日曜日は友人と
海→プール→怪奇スポット1→ボウリング→怪奇スポット2
というリア充コース(ただし、野郎だらけでなければ…)でした。

怪奇スポットはいわゆる心霊スポット的な所ではなく、
いわゆる地元でもタブーとされるスポット、しかも
「え?そんな所にあるの!?」的なところを選びました。
画像はクリックで拡大できます

千葉の怪奇スポット1
【西千葉の崇り木】 西千葉駅のロータリー


西千葉駅のロータリーの中央には不自然に大きな松の木があります。
その昔、ここは処刑場で処刑者を供養する神社も建てられておりましたが、
近代の再開発により、神社は移転となり、
当然ここも整理されることになります。

ところが、この松の木だけ、切ろうした者に死傷者が続出したため、
未だ手入れすらできず、このような形で残っているということです。
以来、この木には処刑者の怨念があると言われており、
崇り木(呪いの松の木)と呼ばれております。

千葉の怪奇スポット2
【八幡の藪知らず】 市川市役所前(本八幡駅徒歩5分ぐらい)


範囲は狭く、周囲18Mぐらいの範囲しかない竹薮林です。
古来の文献でも入ってはならぬとされた地元民の
タブーの土地ですが、なぜ入っていけないのかは定かではなく、
様々な説が唱えられております。

「入った者に崇りがある。」
「入ったら二度と出てこられない。」

ただこれだけが現在に残る曰く付のスポットとなっております。


どちらも大都市で駅前の人通りの非常に多い、
身近な怪奇スポットです。

追記:
八幡の藪知らずの写真を取る時、祠に
「これからのご無礼をお許しください」と、
賽銭を置いてお祈りしたところ、
3秒か4秒後ぐらいに
「ベーンッ」と三味線の弦を弾いたような変な音を聞きました。
一体あの音は何なんだったのだろう…

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】