ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲーマー文化、ネット文化についての考察・評論・コラムがメインです。

プレステ4のCPUが低スペックな理由

先月の発表で、プレステ4(以下PS4)のCPUはAMD製の「Jaguar」コアのCPUと発表されております。「Jaguar」コアは現行の「Bobcat」コアの後継とすでに発表されております。

この件について「pc_watch」では、記事
【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】「PlayStation 4のCPUコアはなぜ「Jaguar」なのか」
で、

なぜ、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は「PlayStation 4(PS4)」のCPUに「Jaguar(ジャガー)」コアを選んだのか。AMDのCPUコアのうち、ハイパフォーマンスのコアではなく、低消費電力のコアを選んだのはなぜなのか。

 注意深くAMDのロードマップを眺めれば、その理由は一目瞭然だ。SCEはJaguarを選んだのではなく、Jaguarしか選べなかったのだ。それは、チップを製造する半導体ファウンダリの選択肢が限られており、そしてファウンダリによって載せられるCPUコアの選択肢が限られてしまっているからだ。

と推測しています。

「Bobcat」は現在、APU(CPUとGPUの統合タイプ)の中でも、現行のAシリーズよりさらに下のスペックのいわゆる「ネットブック用」。(Eシリーズ系)

PS4に乗るタイプの「Jaguar」は8コアと、通常のノートPCなどで見られるものとはカスタマイズされているっぽく、性能が大幅アップされていると思われるものの、従来のプレステのような「ハードウェアの性能推し」の売り方を捨てて、任天堂「WiiU」よりかは性能の良い、という感じの売り方になりそうな予感がします。

今後も、ハイエンドなゲーム環境はPCで、という流れはしばらく変わらず、この傾向が強くなっていきそうですね。

当サイトのプライバシーポリシーについて