アダルトブログ(エログ)の始め方:サーバー探しとセキュリティ:WordPress

2019-02-10ブログ運営, 日記・コラム, 日記・コラム・企画物, 趣味の事

ワードプレス

以前、ふとアダルトブログでエロ系やろうかな、と思ってアダルトOKなレンタルサーバーを契約してWordPress(ワードプレス)を入れてみた。

WordPress、面白いね。

はてなブログの人がある程度アクセス稼げるようになったらWordPressに移行しちゃう気持ちも分かるわ。

色々勉強になったのでメモ。

スポンサーリンク

WordPressのログインURLを変更してセキュリティ不安を解決するプラグイン

最初使ってて、気がついたけど、WordPressのログインURLってデフォルトはやっぱり皆同じなのね。これはちょっと色々と不安だなっと。

そこで、ログインURLを変更するプラグイン入れてみました。

ログインURL変更プラグイン:Login rebuilder

プラグインの「新規追加」から、インストール、有効化することで設定ができるプラグイン。

設定

設定する項目はこの部分

f:id:daij1n:20180209013801j:plain

  • デフォルトでログインしてきた時の応答を選択。
    403ステータスが「禁止」。404ステータスが「見つかりません
  • 新しいログインファイルで、ダッシュボードのログインファイル名を任意指定する。

f:id:daij1n:20180209013645j:plain

  • ステータスを「稼働中」に設定する
  • ログ保存については、お好みで。僕は無効なリクエスト時のみそのIPのログを保存するようにした。

結果:めっちゃ色んな所からログインを試みられていた

f:id:daij1n:20180209014513j:plain

上記がその「無効なリクエスト時、ログを取る」の結果

1日のアクセス2か3しかないサイト(しかも自分を含めて)でも1日30ぐらい無効になったIPが保存されていた。

怖すぎる。

WordPressのデメリットはこのセキュリティ部分に気を使わなきゃいけない部分だね。

アダルトブログを運用するということ:難しい

もう最初から詰んでしまった。

SNSが使えない

Twitter開設してみたら、1フォロー目でアカウント停止になった

何もツイートしてませんがな。

今のご時勢は厳しすぎる。昔、ゆるかった時代に開設した者勝ちになっている。当然、ここからリンクを張ることすらできない。

動画貼り付け系じゃないと相互RSS系も使えない

大手エロサイトとの相互RSS系も、たいてい「記事に動画を貼り付けているブログ」なので、たとえば購入してきたAVを真面目にレビューする系で、キャプチャも静止画で引用するレベルにとどめた場合、ほぼ使えなくなる。

そして僕は著作権をガン無視する記事は作りたくないので、これも諦めた。

結論

もうとりあえず諦めて、孤独に一人で、頑張ってみるさ。

レンタルサーバー:「mixhost」と選んだ理由

他のサーバーをあまり使った事がないので、詳しい比較はできないけれど「アダルト可」で日本語サービスのレンタルサーバーという点がいい。

サーバーのコントロールパネルも分かりやすく、僕はすぐに独自ドメインとブログを開設できた。

アダルトじゃなくても「他のレンタルサーバーじゃBANされる恐れのある、ぎりぎりの際どいジャンルのブログ」でも、そもそもアダルト可なので大丈夫なのが安心だね。

例えば、同人誌とか、エロゲレビューとか、水着グラビアだとか。

【mixhostリンク】

注意点として、転送量は理論上XSERVERの半分程度。

もし、絶対にアダルト関連は際どい判定のものもやらない、と言い切れるならXSERVERの方が良いかもしれない。

【XSERVERリンク】

スポンサーリンク

最後に

やっぱり、今の時代、レンタルサーバーといえば「WordPress」推しなのね。(さすがに個人サイトは流行らないだろう)

まぁ、出鼻をくじかれまくった僕ですが、うまくやるさ。

時間がますます欲しくなってきた。

追記:その後……

www.daij1n.info

ひえぇぇ……

色々と運営してきて分かってきたことがある。

ブログ界隈は魔境や……

スポンサーリンク