ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

YouTubeプレミアムのメリットまとめ:恩恵を受けるユーザー層など

f:id:daij1n:20181118172128p:plain

YouTubeの動画の広告を見られずに済むyoutubeプレミアムが話題になっていた。

僕は、そこまでYouTubeを利用しないため、月額1180円という価格に「割高感」がある。

Twitterとかでもこの「割高感」が話題に出ていたので、このサービスがどの層をターゲットにしていて、どのようにメリットがあり使えるのかを整理して考えてみることにした。

www.youtube.com

YouTube Premiumのメリット:ヘビーユーザー、スマホユーザーにはある?

Youtubeプレミアムで提供されるサービスは下記の通り。

  • 広告なし
  • 動画のバックグラウンド再生
  • 動画のオフライン再生
  • 「Youtube Musicのプレミアム」と「Google Play music」サービスが入っている

ここから、実際にどういったユーザーにメリットが出てくるのかを考えてみた。

恩恵その1:作業用BGMなど、ながら作業に動画を使っている層

想定される使い方としては、特に音楽系動画の「再生リスト」を巡回している時、など、作業中BGM利用者にとって、広告なしはありがたいものになると思う。

またバックグラウンド再生も「ながら」作業している層にとってはとても便利になると思う。

恩恵その2:データ量対策

再生リストで保存してオフライン再生すれば、データ容量をそれ以上は気にする必要がない。

スマートフォンユーザーの、しかもヘビーな使い方をしてる人にとっては、とてもメリットになると思う

恩恵その3:「Youtube Musicのプレミアム」と「Google Play music」が入ってる

今流行の月額音楽サービスの「Youtube Musicのプレミアム」と「Google Play music」もYoutubeプレミアムに入っている。

両サービスの月額が980円のため、すでにこれらに加入している人なら少しの追加でYoutubeプレミアムに入れるというお手頃感はある。

Youtuberの収入の心配はなし?(建前上は)

Youtuberだけでなく、応援しているYoutuberがいる人にとっても、割と気になる点。

普通に考えてみれば広告が表示されないということは、Youtube上で動画を投稿して収益を得ているYoutuberにかなり影響が出ると考えられる。

しかし、Youtubeプレミアムのユーザーが動画を再生されると、応じてクリエイター達に分配される仕組みになっている、とのこと。

YouTube Premium のクリエイター向けサポート - YouTube ヘルプ

応援しているYoutuber達が稼げなくなる、という心配は「名目上」ないと言える。

※ 広告収入と、実際のプレミアムユーザーの再生収益が分からないので「名目上」としてます。

www.youtube.comヒカキンも動画で宣伝してるし、心配いらんだろ、たぶん。(鼻ほじ)

最後に:YouTubeガチ勢について

僕はそこまで重度なYoutubeサービスを利用してるわけではないので、月額1180円のYoutubeプレミアムサービスは高く、あまり魅力的に見えない。

しかし、こうして利用できる機能を整理すると、すでに関連サービス「Google Play music」を利用している人や、Youtubeのためにスマホのデータ容量プランを高めに設定している人がいることを考慮すると、使い方によってはお得になる可能性はある。

まさにいつでもどこでもYoutubeを利用しているYoutubeガチユーザー向けのサービスと言えると思う。

自分がガチユーザーかどうか分からない人は、無料お試し期間は3か月間の間に、お得感を感じられたら「ガチユーザー」という感じでいいんじゃないかな。

当サイトのプライバシーポリシーについて