ゲーマー逃避行ブログ

気になるニュース雑感、趣味のこと、ゲームのことを色々語ります。

【アニメ・漫画規制】青少年条例改正案 委員会で可決


今話題のアニメや漫画を限定した規制案の
青少年条例改正案の委員会で可決した模様です。
『NHKニュースより』

そして都議での議論の模様。(チャンプ的汚多記録晒しAGEより、傍聴者の転載)
『{表現規制} 東京都議会の実情』

やり取りを一部引用すると・・・

「私も子持ちの母ですが、悪影響と判断したのであれば、
それは家族間できちんと話合う場です。
何でも安易に規制して子供の目に触れさせなければいいという考えは、
家庭介入ではないでしょうか」

→ざわ・・・\家庭介入(笑)/\家庭介入(笑)/ざわ・・・


・・・なにがおかしかったんでしょう?おかしな部分があったのでしょうか?

「出版関係者など、業界との話し合いを何故しなかったのですか?」 
→「各種業界や関係者に十分な話し合い・理解を得た上で案を提出している」

思うに、私や周囲業界人をはじめ、
一般都民すらほとんどこの法案の全貌を知らないが、大丈夫か?


「世界観も時代背景も様々な二次元を
実際の刑罰法規に照らし合わせるのは不可能ではないですか?」
→ざわ・・・\極論だよ/\これだから・・・/ざわ・・・

・・・・・・。


「実写等が規制外なのは何故ですか?」
→「小説は人によって色々な解釈がある。
漫画やアニメは誰が見ても同じ。
また、誇張が激しく実写よりも性的欲望を刺激しやすく不健全」

(゜Д゜)

「実写の方が性的欲望を刺激しやすくありませんか?」
→なにやら難しい言葉を唱えている。
条文を読み上げているようだ▼

「そもそも新たに法案に乗り出すには
それ相応の理由が必要です。発端はなんなんですか」

→「年々のPTAを含む6042名の署名、
その後創価学会の署名運動により4万4千人の署名が集まり乗り出しました」

「本件に対し業界や出版社から約15万8千件の反対表明や
意見が集まっておりますが」
→\そんなの関係ないよ/

色々見て回ったけど
今回の条例案に反対行動を起こすのにベストだと思われる行動は
関連海外ニュースサイト等に情報を発信・提供することだと思う。

発信・提供する内容は
・条例案と、この議会でのやり取り
・発案した都知事が東京国際アニメフェアの実行委員長であること
・本条例案を受けて出版社が東京国際アニメフェアをボイコットすると
 表明したこと
・海外の関連業界からも質問状や反対を表明して欲しいとお願いすること


また、有志を募ってアニメフェア当日にデモを行うのもいいと思う。
ただし、プラカードやパンフレットのメッセージは
「日本語と英語」で表記すること。

ようは様々な関係圧力がないと動かんのよね、政治って。

まぁ、この件で政治家の多くが言っていた
「アニメ・ゲームは日本の文化」
と散々言っていたことが票集めの大嘘ってことが
分かりましたな。

あと、「自由市場主義者」を自称していた
政治家もいないって事ですな。

日本の政治はまさに糞運営!

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】