ゲーマー逃避行ブログ

ネット好き社畜がゲームやネット社会を過敏に語る

9月のVTuberは光と影:解散・引退のニュース

f:id:daij1n:20180929094631p:plain

9月のVTuber関連のニュースは東京ゲームショウ他各種イベントなど、華やかなものが多かった。

しかし一方でグループで活動しているVtuberの解散や引退のニュースも目立った。

VTuberが話題に上がり始めてから、そろそろ1~2年。

資本投下してきた企業勢が増えてきたので、そろそろ、こういう話題もありえると思ってた。

ネットコンテンツはダメな時はホント、売り上げ0円が普通だしねぃ。

解散・引退のニュースになったVTuberグループ

アマリリス組

panora.tokyo

何かと引退ニュースなど、お騒がせだったアマリリス組が解散へ。

運営会社Bitstarはグリー系のWFLEと8月に資本提携したばかり。

グリー傘下のWFLE、「アマリリス組」運営のBitStarと資本業務提携 – PANORA

大金が絡んでくると、色々と面倒な事があるのかもしれない。

ただ、メンバーはあくまで契約解除なだけで、個人として活動していく、とのこと。

サークルみらん:メンバー全員引退

animanch.comこちらは企業勢ではないにせよ、全員が引退とのこと。

やっぱり、活動していたメンバーは、無念なようでお知らせ配信は悲しいものに。

特にファンが(あまり人気でないコンテンツのファン)最も恐れているパターンが、これだと思う。

ネットコンテンツの本質はあくまで「無」であるため、停止と共に残らず消えてしまうものがある。

VTuberもその例にもれず、消え、いわば「死ぬ」のである。その部分で言えば、オンラインゲームと同じだと思う。

最後に:人が集まると、何かを求められる

個人であれば、個人の都合以外で止めることなんてないが、これがグループとしての活動となると、話が別。

グループ・組織の活動として「何かを求められる」形になる。

そしてそれは自分の意向以外、「諸々の事情」において活動停止が発生することに繋がるのだと思う。(これはVTuberだけの話ではないが)

ただ、オンラインゲームと違う点でいえば、Youtuber活動の敷居は低いんで、復帰(転生)しようと思えばできる。

そういう例も、いつかは出てくるだろう。

当サイトのプライバシーポリシーについて