ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

TGS2018まとめ:今年のゲームショウは「Vtuber」「海外勢」

f:id:daij1n:20180924192142j:plain

毎年行っているゲームショウ。もちろん、今年のTGS2018にも行ってきたので、色々とレポートしていきたいと思う。

今回は、Vtuberと国外企業(特に中国系)のブースが目立ったゲームショウだったと思う。

今年のゲームショウはVtuberのイベントがかなり目立った

今年のゲームショウで一番の特徴といえば、Vtuberの存在。

公式キャスターにVtuberの「ミライアカリ」が選ばれ、各企業のブースも様々なVtuberイベントが開催されていた。

富士葵ちゃんは専用ブースありだった

f:id:daij1n:20180924162437j:plain

歌のお上手なVtuber「富士葵」は、イベント専用ブースがあった。

「富士葵チャンネル」

Aoi ch. - YouTube

グリーのブースはゲーム部プロジェクト他、Vtuber達のライブイベント

グリー(Wright Flyer Live Entertainment.)のブースも、ゲーム部プロジェクトを中心にVtuberイベント中心のブースを展開していた。

「グリーのブースでニコニコ(ドワンゴ)のバーチャルキャスト使って、イベントYoutube配信してたよ」

という、ちょっと意味わからないだろうが、そういうのをやっていた。

※ バーチャルキャストはドワンゴ系開発だが、ニコニコ専門ではないのだ

ゲーム部プロジェクトイベント

整理券がかなりの激戦となった、VR内でのゲーム部プロジェクト部員の交流イベント。

元々ファンとの距離が非常に近いゲーム部プロジェクトならでは、とも言える。

ゲーム部プロジェクト - YouTube

個人的にも、ゲーム部プロジェクトの動画は面白いので是非、見てほしい。

このほか、Klabなどのブースでも、VTuberイベントが開催されていた。シロちゃんの「キュィッ」を会場で生で聞くたび「ウッ(´;ω;`)…カワイイ」と、なった。

VRコンテンツの発展がVtuberを生んだ?:3Dアバターを持ち歩く感覚

今から2年前「VR元年」と呼ばれ、様々なメディアで話題になったVR。

あれから、VRコンテンツは現在、「自分の3Dアバター持ち込んでVRゲームを行う」という形で発展している。この流れの中でVTuberが出てきて、そしてVtuber用のツールも色々と出てきた。

僕だって、3Dモデルのアバターを持っているのだ!(ミーハー)

f:id:daij1n:20180917043230p:plain

モデルは「まおー」さんのフェオドール。イケメンだろ~。

海外企業のブースについて

海外企業のパブリッシャーブースは毎年あるのだが、今回は特に中国企業が多かったように思う。

X.D network

X.D

少し話題になり、日本のメディアでも取り上げられた「ICEY」や「MUSE DUSH」といったゲームをリリースしている会社。

ミラクルニキ

f:id:daij1n:20180924180518j:plain

流行りのアプリ「ミラクルニキ」があったり。

ドールズフロントライン

f:id:daij1n:20180924181318j:plain

これも最近話題のアプリ「ドールズフロントライン」。

以上のように、中国開発のゲームのブースが増えたイメージがあった。

今から15年ぐらい前、韓国開発のオンラインゲームが多くTGSに出てきたのと同じように、今の時代を感じる。

考察:ゲーム会社によるゲームの展示自体は減った?

従来、東京ゲームショウは「ゲーム会社が新作ゲームを紹介する」という展示会ではあったが、ここ数年は、そういった傾向が崩れてきて「ゲーム会社が宣伝も兼ねて何かイベントする場」が主流になってきている。

TGSブースマップ

ブースマップを見ると分かると思うが、ゲーム会社そのものの展示を見ると、全会場の半分ぐらいになっているのが分かると思う。

  • E3など、海外市場先行の情報公開
  • ネットやSNSを使った情報公開
  • ゲーム配信プラットフォームによるゲーム紹介方法の多角化
  • 体験版などは、アーリーアクセスやDLという形に変化した結果

これらの要素により「クリエイターが一般人に対してゲームを紹介する」需要がなくなってきたというのがあると思う。

今は重要な情報は、別途ネット経由で最速で発表し、ゲームショウではゲームショウのためのイベントを行う、こういう流れになってきたと思う。

さらに「VR・eスポーツの需要により、周辺機器デバイスの需要が高まった」ことによる各種周辺機器メーカーのブースが昔より大きく占めているのも、ゲーム展示自体が少なくなったように感じる要因かもしれない。

結果、来る人は多くなった

東京ゲームショウ2018、総来場者数が過去最多の29万8690人に 「eスポーツ」盛り上がる - ねとらぼ

おそらく記事で触れられているeスポーツの他、今年はVtuberイベントもあり、来場者数は過去最高になったと思われる。

逆に言ってしまえば「ただのゲームの展示では人を呼べない」時代になってきたと思うかもしれない。

ひょっとしたら今後、ゲームショウはゲーム展示ではなく、ゲーム配信・ゲーム大会・VR空間イベントなど、ユーザーイベントが主力になっていくのかもしれない、と思った。(言うなれば、ゲームショウのニコニコ闘会議化)

当サイトのプライバシーポリシーについて