ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

ヘッドホン購入レビュー「KOSS「PORTA PRO」:僕は折り畳み式オープンイヤー(開放型)が好き

この前、新しくKOSS製のオープンイヤー(開放型)で折りたたみ式のヘッドホンを購入した。

僕は、このオープンイヤー系が好きで、持ち運び用途以外で現在、家で使っているヘッドセットもこのオープンイヤータイプだったりする。

ちなみに、ゼンハイザーのゲーミング用ヘッドセット「PC360」である。

オープンイヤー(開放型)とは

音を外に逃がしやすい構造をしており、遮音性が低いタイプのもの。

オープンイヤー(開放型)ヘッドフォンのメリット:選択の理由

メリットその1:通気性のよさ

オープンイヤータイプは密閉タイプより通気性がよいので、長時間の装着に耐えられる。僕が、ゲーミングヘッドセットを選ぶに当たり、この「長時間装着」という点に着目した。以来、常に開放型を買うようになった。

蒸れるのは避けたい。特に暑い夏場において。

メリットその2:周囲の音が遮断されないため、室外行動での安全性が高い

普段、外で出歩く際に、遮音性が低く周囲の音を聞きやすいので、安全性が高い。

室内でもインターホンなど聞きやすい。

メリットその3:そもそも音がこもりにくい

音質面でも、内部の音を遮音させないので、音がこもりにくい。

以上のメリットを考慮し、僕はほぼ全てのヘッドフォンを開放型にしている。

ただ、もちろん、デメリットもある。

オープンイヤー(開放型)ヘッドフォンのデメリット

デメリットその1:外部の音が入りまくる。

周囲の音がそのまま入ってくるため、音楽が若干、聞きづらい。

せっかく高いオープンイヤータイプのヘッドフォンを買ったとしても、周囲の音が遮音できなければ意味がない、ということ。

デメリットその2:音漏れの心配

遮音性が低いので、密閉タイプより音漏れする。

これにより、密閉タイプより音量に気をつけなければならない。

デメリットその3:折りたたみ式は店舗販売の可能性が低い

音漏れの心配があるためか、高音質の折りたたみ式は、以前に比べ店舗販売されていないように思えた。

かつて昔に僕も使っていた、ゼンハイザー折り畳み式の開放型ヘッドホン「PX-100」もいつの間にか販売されなくなっていた。

僕が考えたデメリット克服法:小音量に慣れる

とりあえず、音漏れしないだろうなぁっという音量にしたら、それに慣れる。

普段から音楽が聞こえてなくても、なんとなく聞けるようになるまで、頑張って耳を慣らす。

正直、聞こえない時は聞こえなくてもいいや、と覚悟することも必要。

ただ、意外に効果があるもんです。

KOSS製「PORTA PRO」について:購入物

それまで同じ値段帯でソニー製の折りたたみ式のオープンイヤーのヘッドホン「MDR-S40」を使っていたので、ちょうど聞き比べ用に購入した。良かった方をメインにして、後は会社で仕事で利用しようかと思った。

使ってみた感想は次の通り。

  • 金属部分がむき出しの割には、ヘッドを調節できて装着感はとても良い
  • 側圧を調節できるサイドのレバーがあるのは便利。ただ、僕はデフォルト利用。
  • 音質はソニーのものよりクリアで、低音・高温、良いように感じた
  • 音漏れの心配はソニーより高い
  • 金属部分のヘッドは、調節中に髪の毛が引き込まれないように注意

結果、音漏れの心配があったので、KOSS「PORTA PRO」を仕事用にすることにした。

f:id:daij1n:20180718015957j:plain
折り畳は持ち運びようにかなり便利

f:id:daij1n:20180718020001j:plain
このスイッチで側圧をさらに調節ができる。

SONY製オープンイヤーのヘッドホンMDR-S40についても紹介

 

当サイトのプライバシーポリシーについて