ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

2018年ロシアW杯:日本フェアプレーポイントで決勝トーナメント進出!と時間稼ぎ批判について

リーグのポーランド戦は、すごい試合だった。

たぶん、誰もが「早く点とらなきゃ」と、思っていた時に日本は失点しないようにギャンブルに出た!

  • 後半残り10分でセネガルが得点する確率。
  • 後半残り10分で日本が同点になる確率。
  • 点を取りに行ったところをポーランドがカウンターしていくる確率。

すべてを計算して、後半10分を敢えてまけたまま、時間稼ぎするカイジ以上のギャンブルに出たー!

f:id:daij1n:20180630112844p:plain
そして、ギャンブル勝負に見事勝利する、というね。

日本が3戦目は主力温存して戦い、パス回しとは、そういう戦い方ができるようになったのは大きいと思う。

しかしポーランドも追加点を狙いにいけたにも関わらず、1点で妥協してくれたのは感謝!

時間稼ぎについてはなんやかんや言われているけども、他の強豪国もやっている「他の試合に合わせた戦術を採る」の一つ。

いくつかの手段があってそれを選択しただけ。

パス回ししなくてW杯出場を逃した試合:ドーハの悲劇

W杯のサッカー日本代表を語る時に毎度のように語られる「ドーハの悲劇」。

勝てば1994年の日本のW杯初出場がかかった試合。

日本はイラクに対し、2-1で勝ち越していた。

しかし後半40分以降も追加点を狙って攻め続けた日本は、カウンターを受け、ロスタイムに失点。W杯出場を逃した。

批判者は「ドーハの悲劇」を本当に知っているのか?

この時の教訓は「なぜ後半最後、勝っていたにも関わらずパス回しの時間稼ぎをせず、カウンターのリスクを取って攻め続けたのか」だ。

敗因も知らずに「悲劇」と語ってもしょうがない。知っているなら、悲劇を繰り返せ、というメッセージなのだろうか?

この動画もググればどっかでアップされているんじゃなかろうか。

勝負精神が94年W杯で止まってるなら、成長してないね、としか思えないわ。

批判者は本当にフェアプレーポイントを知っているのか?

フェアプレーポイントの矛盾を指摘する人がいるが、イエローカード数で順位が決定する方式は「得失点差も得点も当該国同士の対決も同じだった場合、抽選で決めるのではなく、なるべくプレー内容の差から順位を決定できるようにしよう」ということで「イエローカード枚数」が判断基準になった経緯がある。

それを「フェアプレーポイント」と名づけただけのもの。

「全力を尽くす」はリーグ戦とトーナメント戦では違う

トーナメント戦は1回負ければそこで終わり。

だから、ただひたすらに勝ちを狙いに行く。

甲子園が「有望な若者の未来が」みたいな言葉をそっちのけでエースを連投させ酷使するのも、これが理由。負ければそこで終わりの勝負哲学がある。

リーグ戦は、負けてもそこで終わりじゃない分、違う哲学がある。

勝てない試合の場合、負け方が重要になってくる、というもの。

勝てなくても次に繋がる悪くない負け方。悪くても最悪でない負け方を選択する必要がある、という点。

スポーツのフェアプレー要素の一つ「全力を尽くす」はリーグ戦とトーナメント戦では違う意味になる。

ポーランド戦の後半

ハイライト見ても、後半の試合は追加点を狙いに行ってポーランドのカウンターを受けまくっている。

日本 vs ポーランド|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

※ この記事の趣旨と関係ないが、こうしてみると槙野のオウンゴール未遂、これ、槙野が取らなかったらレヴァンドフスキに渡っているから、槙野も選択肢がそれしかなかった、が正しいことが分かる!

ビデオゲームの大会とも違う

つまり、何が言いたいかというと、ゲームのFIFAやウイイレとは現状は違うんだわ!

これだね。

(※ ゲームの場合、1対1での大会ではボール回しは、相手に対する不敬行為と見なされる場合がある。それと、後ろからの露骨なスライディングは特に嫌われる雰囲気がある。)

現在の批判者は2014年の時、ギリシャを批判したか?

2014年のブラジルW杯の日本vsギリシャ戦。

ギリシャは退場者を出して10名となったため、勝利を諦め、攻めずに徹底守備に回ることに。

おかげで日本のボールポゼッションが70%(笑)

「1点を取りに行き、勝利をつかみに行くことこそ、真の美学」と批判している人たちは、ギリシャのこうした行動を当時、批判しただろうか?

いや、してないし、そんな論調は見られなかった。

むしろ10人になったギリシャを崩せなかった日本代表側を批判した。

それはつまり、そういうことなんですよ。

「日本代表だけは何が何でも批判し非難したい!!!」

海外からの批判を持ち出す批判者の反論

こうなる盛んに国内メディアが、海外メディアを使って紹介する。ぶっちゃけ、お前らメディアなんだから自分の論説で批判しろよ、とかは思うが、そもそも批判している主なメディアの国を見ていると、こうも言いたくなる。

まぁ、リーグ戦はどうしても調整試合が発生する関係上、個人的にはそういうのが嫌ならリーグ戦は見ないで負けたら終わりの決勝トーナメントだけ見ればいいんじゃないの?と思うわ。

それでも守備固めのパス回しがあるけれど。

英BBCが~

お前さんとこの代表は3戦目のイングランドvsベルギーで前半からブーイングされてましたね。1位を狙いにいかず、鮮やかな2位突破おめでとう!
(1位になると、フランス、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、ポルトガル、とボスラッシュ状態の山に入る)

フランスのメディアが~

お前さんのとこの代表は90分間の無気力試合。おめでとう、大会初0-0!

韓国のメディアが~

お前さんのとこの代表のファール数を数えたまえ!

最後に決勝T楽しみだわー!

決勝トーナメント出場国とFIFAランク

FIFA
ランキング

備考
ブラジル 2  
ベルギー 3  
ポルトガル 4  
アルゼンチン 5  
スイス 6  
フランス 7  
スペイン 10  
デンマーク 12  
イングランド 12  
ウルグアイ 14  
メキシコ 15  
コロンビア 16  
クロアチア 20  
スウェーデン 24  
日本 61  
ロシア 70 ※ 開催国

FIFAランクでいえば、ここに入り込めたのは、奇跡!!!

決勝トーナメントに進めた2010W杯の時も、終了後、当時Jリーガーだった岡崎・長友が海外行きを決めた。

海外メディアにも注目される決勝トーナメントに行く事は、今後の日本の未来にもかなりプラスになる!

と、いうことで決勝トーナメント、がんばれー!!

下記でも書いているけど、本当に最近のネット配信には感謝。

ほとんどこれで見てる。ハイライトも見られるのはすばらしい。

2018年ロシアW杯:ワールドカップをネット配信で無料で見る方法 - ゲーマー逃避行ブログ

当サイトのプライバシーポリシーについて