ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

2018年ロシアW杯:ワールドカップをネット配信で無料で見る方法


f:id:daij1n:20180623103010j:plain

同時配信最高!

日本がコロンビア戦、運の良いチャンスを見事に制し勝利でスタート!など、話題の2018年のロシアワールドカップですが、僕はテレビが映らないのでネットを利用して見ていたりします。

今回はNHKも民放もネットでの同時配信をやっているので、非常に助かってます。

DAZNやhuluみたいなネット配信サービスではW杯は見られない

驚いたのがDAZNのようなサービスでもワールドカップは配信していない、という事実。ネット配信業者では、何かしら壁があるのか難しいみたいですね。

ワールドカップのネット・アプリ同時配信サービスは「NHK」「TVer」で観戦できる

そこで色々と調べたところ、NHKの放送するものは「NHK 同時配信」で、その他民放で放送するものは「TVer」というサービスで配信してくれることが分かった。

これに非常に助かってます。ただし、ネット配信特有のデメリットとして「実際の放送と比べると1分ぐらい遅延している」感じで配信されております。

NHK 同時配信

公式サイト

放送同時配信|2018 FIFAワールドカップ|NHKスポーツオンライン

配信の予定表も同サイトにあります。

また、スマートフォンアプリでも配信されております。こちらではネット配信より遅延が激しい時と、むしろ遅延が小さい時がランダムにある感じででした。

NHK 2018 FIFA ワールドカップ
NHK 2018 FIFA ワールドカップ
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

TVer

公式サイト

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

配信の予定表

https://tver.jp/pdf/TVer_wc_schedule180615.pdf?target=blank

遅延や使い勝手はNHKと同等。ただ、見る前にCMが入ります。

こちらもスマホアプリがあります。

TVer(ティーバー)
TVer(ティーバー)
開発元:PRESENTCAST INC.
無料
posted withアプリーチ

最後に:W杯の気になる小ネタ「前王者の呪い」

今は自分の働く環境が、ホワイトになったおかげで僕もワールドカップをそれなりに楽しんで観戦できています。

W杯において「グループリーグ初戦で敗退すると、リーグ突破が難しくなる」という古くからのジンクスがあります。

ですが、最近個人的に気になる小ネタとして、「2010年、2014年では前王者がグループリーグを突破できなかった」という事例を紹介しておきます。

もし、初戦で敗れたドイツがグループリーグを突破できなかった場合、3大会連続となるので、そうなったらそろそろ「W杯王者の呪い」として語られても良い気がしました。

(まぁ、2026年からは48カ国制で決勝トーナメントまでの試合数などが変化するから、それまでのジンクスになるんだろうけどね)

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】