ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

発見された「3本指の謎のミイラ」のDNA鑑定の結果が出ていた:オカルト_宇宙人

f:id:daij1n:20180423023616j:plain

昨年、南米ペルーのナスカで気になるニュースを見つけた。「3本の指のミイラが出土した」というもの。

異星人か? ペルー・ナスカで発見された3本指を持つ奇妙な人型のミイラ : カラパイア

「こいつ本当に人間か!?」という異様な形のミイラ、もちろんDNA鑑定にかけられたそうな。

大体のオカルトものはここで終わるんだけど、こっちはその鑑定結果が発表されていた。

まるで宇宙人のようだ。

爬虫類型人類「ディノサウロイド」をちょっと思い出した

f:id:daij1n:20180423022849p:plain

宇宙人とは関係ないが、3本指の人型として「ディノサウロイド」を思い出した。いや、これは宇宙人以上に可能性がないものの、もしかしたら、なんて。

ディノサウロイド - Wikipedia

結果は宇宙人ではなく、人類

DNA鑑定の結果、100%「ヒト」人類ということだった。

【驚愕】ナスカで発見された「3本指の純白宇宙人ミイラ」、ついにDNA鑑定結果が公開される! 専門家絶句の“ヤバすぎる正体”とは!?

ミイラは約1600年前のもので、この記事でも触れられているが、指の数が先天的に少なくなる「ロブスタークローシンドローム」の人が何らかの理由でミイラとして埋葬されたのだろう。

(おそらく、宗教的な意味合いだろう)

「もしかしたら」が大切

世の中には「どうせ宇宙人などいない」論があり、こうした話が無意味のように語られてしまう事も多い。

しかし、「既に地球人が存在している以上、確率は『0』ではない」ことは確かであり、「1兆分の1の確率であっても、膨大な宇宙において、それは同時期に複数の宇宙人が存在できる確率」はあるということなのだ。(出会えるかどうかは別にして)

星の数

ちなみに、星の数は太陽系が属する銀河で2000億以上、銀河の数は1000億以上とのこと。

星の数はどれくらいあるんですか?│その他│宇宙科学研究所キッズサイト「ウチューンズ」

僕らはこの話題を持ち出す時、「どうせいない」ではなく、その「もしかしたら」を話しているのだ。

当サイトのプライバシーポリシーについて