ゲーマー逃避行ブログ

気になるニュース雑感、ゲーム・ガジェット・社会、色々語ります。

PCのゲーミングデバイスのお勧め、マウス、キーボードなど


今まで使っていたダーマポイントのゲーミングキーボードが電源が入ったり入らなかったり、と調子悪かったので、「ビットフェローズ」のゲーミングキーボード「BFKB109UP1」に買い換えた。

「ビットフェローズ」には「ダーマポイント」倒産後、主要エンジニア達が移っているので、実質、前使っていたゲーミングキーボードの後継機(実質同じものだけど)を買ったことになる。

今、ほとんどゲームを、対戦ゲームは特にやらなくなってしまったけど、一度ゲーミング系デバイスの使いやすさに慣れてしまうと、もう戻る気にはなれず、今でも使っていたするので、今回はその話をしたい。

もしPCゲーミングデバイス欲しい、と思う人がいたら、勇気を出して「とりあえず買ってみる」だけでも損はしないと思う。

 

今、使ってるゲーミングデバイスご紹介

ゲーミングマウス:「G302」(ロジクール)

左右対称型の、小型。MOBAジャンル向きという形で打ち出されているマウス。しかしFPS向きと言われる同じロジクール社製「G402」と同じセンサーを搭載しているので、センサー精度的には変わらないはず。(トラッキング速度がG402の方が高く、おそらく、ローセンシ系なら、G402の方が性能がいいかもしれない)

個人的には、自身の部屋の狭さから、左右対称タイプの小型を好んで使っている。ゲーミングマウス特有の「大きくて持ちにくい」という人も十分に使えると思う。

また、ロジクール系はマウスのクリック反応速度が高いものが歴史的に多いので、安心して購入していたりする。

【マウス性能参考URL】

※ロジクール「G300」を「0」とした、他マウスとの反応速度の比較。ロジクール社製のマウスは、反応速度が高い傾向にある。

ゲーミングキーボード:「BFKB109UP1」(ビットフェローズ)

今週、買い換えたキーボード。

マクロ機能はないが、フルNロールオーバー、全部のキーが同時押しに対応している。

大抵、フルの同時押し対応キーボードは値段は高いものが多いが、このキーボードは現在、4000円台前半、安い。

後述するが、この機能を持つキーボードでは最安値だと思う。

キーの同時押しの認識について

もし、ゲーミングキーボードを持っておらず標準の安いものをお使いであれば、多くのキーを同時に押した時、一部のキーが判定されないことが分かる。ゲームによっては色々とキーを押しっぱなしにすることが多いので、小さい差ではあるものの、見逃せない機能となる。

また、同時認識できる分、素早くタイピングした時の反応もよくなるので、ライター向きとも言える。

有名ブランドの参考価格帯
  • FILCO Majestouch2 約:15000円
  • 東プレ REALFORCE 108UBK 約:17000円
参考URL

マウスパッド:「紫電改 mid」(Artisan)

もう年なんでね、年による反応の鈍さを、マウスパッドの滑りでその初動を稼ぐ作戦に出た。滑りやすい布製で有名なこの「紫電改」を愛用している。ガチガチの布製ほど、マウスコントロールはしやすくないが(すぐ止められない)プラスチック製よりかはコントロールしやすいという、このギリギリ感がいいんじゃよ。

ヘッドセット:「PC360」(ゼンハイザー)

音質はゼンハイザー系が好きだから。そして、マイクの感度は色々と見た中で「Sony製」と「ゼンハイザー製」がもっとも高く(-38DB)マイクブーストがどのサウンドカードでも(オンボードでも)必要ない。

ソニー製のヘッドセットのマイクは「全方位性」だったため、周囲の音を拾ってしまう危険性があるため、単一指向性(一方方向型の音を拾う)のゼンハイザーにした。

PC360は側圧も圧迫感がなく、長時間付けられるし、オープンイアー(開放型)で長時間取り付けていても、むれない。個人的に快適だと思っている。

FPSでゲーミングデバイスは対戦成績に影響する_個人的な話

もちろん、僕もFPSのゲームをやり始めた時は、普通の安いマウスとキーボードを使っていて、マウスパットも使っていなかった。マウスはマイクロソフトの「Microsoft Optical Mouse」。

とはいっても、当時(2005年前後)PCゲーミングシーンで使われるマウスも、マイクロソフト社の「IE3.0」「IMO」「WMO」等のいわゆる「非ゲーミングデバイス」だった。個人的な感覚でいえば、「じゃぁ、安いこのマウスでも大丈夫だろ。マイクロソフトだし」という考えだった。(一応、ゲーミングデバイスというのは出始めていた)

FPSを割かし本格的にやるようになり、ある程度慣れてきて自分の限界も見え始めた時に、多くのプレイヤーがゲーミング用デバイスを使っているのを見て、僕も勇気を出して使ってみよう、と思ったのだ。

最初はマウスとマウスパッドから買った。ロジクールの「G3LS」と「SteelSeries」の「Qck mini」。

しばらくして結果は驚くほど出てきた。

自分ではあまり、考えてなかったものの、同じクランでプレイしていたメンバーから「打ち合い強くなったね」とか、言われるようになり、自覚し始める。以来、キーボード、ヘッドセット等を整え、完成した。

ので、PCゲーで対戦ゲームをプレイして、且つゲーミングデバイスを使っていないのであれば、ぜひ使うことをオススメする。

最後に

ゲーミングデバイスは値段も性能もピンキリだが、ゼンハイザーを除けば、残りのゲーミングデバイスはかなりコスパ重視で選んでいたりする。

特に対戦型PCゲームをする上で、ゲーミングデバイスを使うことは、またプレイの幅とゲームの世界を広げると思うので、とりあえず手頃なやつから試しに買ってみるのはありだと思う。それだけでも、十分に自分のプレイしているゲームの世界を変えてくれる可能性はある。

当サイトのプライバシーポリシーについて