ゲーマー逃避行ブログ

気になるニュース雑感、趣味のこと、ゲームのことを色々語ります。

ゲーミングPCをBTOで購入するときは、メモリと電源の容量にご注意


昨今、仮想通貨のマイニングブームも手伝ってゲーミングPCブームらしいです。ただ、ゲーミングPCの購入サイトを見てると、少し気になったことがあります。

「メモリギリギリだな」「電源、けっこうギリギリじゃないかな?」の2点。この2点はメーカー製PCでもけっこうケチってくる部分です。

ゲーミングPCに関しては大体はBTO(Build to Order)というシステムで、パーツをカスタマイズ注文ができるはずなので、もし、その2点についてカスタマイズできるのであれば、なるべく考えた方がいいかな、と思います。安さをうたうものほど、ご注意。

ちょっと今回はそのことについて述べたいと思います。

前提として、コストパフォーマンスを考慮した時、多くのゲームがそれなりの環境で遊べる水準で組まれた「ミドルスペック」レベルのデスクトップPCを想定してます。

【ショップリンク】

マウスコンピューター/G-Tune

メモリの容量について

多くのBTOのゲーミングPCはメモリ(RAM)「8GB」を搭載しているものが多いと思います。

たしかに、ゲームの推奨は「メモリ8GB以上」が多いのですが、推奨環境は業界的に言えば「8GBあればいい」ではなく「ギリギリでも8GB欲しい」程度の意味なので、少し余裕を持った方が良さげです。つまり、16GBは欲しい、です。

特に最近のブラウザはけっこうメモリ食うので、ゲームやりながら裏ではブラウザ起動してた、みたいな状況を考慮しても、メモリの余裕は考えたいところです。

 

電源の容量について

こちらは電源容量500Wのものを搭載しているものが多いです。

正確な計算は非常に労力がかかるので、ざっくりした計算になりますが、個人的にはギリギリで「500W」、個人的には「600W」欲しいと思います。

電源はゲーム中の高負荷時、落ちてしまうとプレイに重大な影響を及ぼすため、なるべく余裕が欲しいです。

すごいざっとした計算ですが、個人的な計算方法で以下の通り

【ミドルスペックを想定】

CPU 65W(ブレ幅を考えて100W)(i5を想定) 100
メインメモリー 2枚(16GB) 10W 10
マザーボード 50W 50
ストレージ SSD1枚 HDD 1枚  計50W 50
ドライブ 搭載数1 25W 25
ビデオカード 120W(Geforce GTX1060を想定) 120
  合計 355
  最適と思われる電源容量(電源容量70%負荷計算) 508
  最低限必要な電源容量(電源容量80%負荷計算) 444

容量計算について

電源容量はその規定された容量全てを出力できるわけではなく、「80 Plus」系の規格があるもので、規格のランクに応じて80%以上の出力を保証する、と具合です。

80 PLUS - Wikipedia

経年劣化による影響を考えると、上記の規格を考慮しても「最大70%」で計算した方が無難と思われ、最適上記の表のような計算になっております。

上記の計算の場合ですと、僕が余裕を持てるだろうと思われる電源が500W強。合理的に言えば550W600Wが理想、というところでしょうか。

最も高寿命と言われている電源負荷は「50%」と言われているので、それを考慮すると750W欲しい、ことになります。

最後に

今使っているPCは、かなり前に組み立てたものですが、その前のPCはBTO物で、この電源ギリギリ問題にぶち当たり、ビデオカード増設の際に泣きをみたことがあります。(個人的に多くのケーブルがある電源の交換苦手です)

ゲーミングPCは安い買い物じゃないので、よくよく考えたご購入を!

【ショップリンク】

マウスコンピューター/G-Tune

この組み合わせだと、ミドルスペックといえども平気で10万円以上いきそうですね。

世の中では「ボーナス」というものが存在するらしいですが、僕は、こういう業態で働いているので、ほとんど「ボーナス」というものをもらったことがありません。年収も一般以下です。羨ましい。

僕もお金を稼いだら、新しいゲーミングPCを、組み立てるんだ……(ゲームする時間が取れませんが)

【追記】

話題になってましたね。

まぁ、ゲーミングPCですらケチられる部分ですから……

hagex.hatenadiary.jp

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】