良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

日本とヨーロッパのPing値は改善されるかもしれない

社会・政治・経済, 社会考察・雑感など

今年の春ごろ、こんなニュースが流れていた。

『史上初「北極海ケーブル」で日欧の通信速度が向上』Wiredより

記事の引用から

こうしたプロジェクトの第1号は、「ロシア北極横断ケーブル・システム(Russian Trans-Arctic Cable System:RUTACS)」だ。
総額10億ドルのこのプロジェクトは、英国から日本まで、ロシアの北岸沿いにケーブルを敷設し、ロシアと中国にも支線を延ばすというものだ。
1.6Tbit/sという光ファイバーペアが6回線敷設され、東京・ロンドン間の遅延は76.58ミリ秒となる[現在の遅延は約230ミリ秒]。
建設開始予定は今年後半だ。

とのこと。

予定通りなら、そろそろ建設開始というところだろうか?


この遅延数値が正しいとすると、
開通後は日米のPing値よりロンドンの方が遅延が少なく、
その他、ヨーロッパですら日米よりも遅延が少ない状態になるかもしれない。

ワールドワイドにサッカーゲームやFPSをするプレイヤーにとっては、
かなり朗報となるはず。
ぜひともプロジェクトの進捗が知りたいものである。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。