良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

ゲーマーに引退の文字はない?

社会・政治・経済, 社会考察・雑感など

いい年こいてゲームなんてやって…
これは僕が社会人になる際に家族によく言われた言葉でもある。
(最近は諦めてくれているが…)

しかし、年齢とゲームについて興味深いニュースがある。
ファミ通のニュースより
『[海外ゲームニュース]データを読む:アメリカのゲーマーの平均年齢は37歳!?』


次はその2年前の記事、インサイドより
【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?-ESAが調査結果を発表
この記事では、当時アメリカのゲーマーの平均年齢は35歳とある。

つまり、年齢が上がるにつれプレイヤーが減るわけではなく、
彼らは年をとってもゲームを辞めない、という事が分かる。
たとえそれが年齢が対戦結果に結びつきやすい
「FPS」や「RTS」というジャンルが、
日本より遥かに盛んな国であっても、である。

海外においては、そもそも「趣味」という意味合い上、
「卒業」や「引退」というのはおかしいのかもしれない。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。