良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

グラボメーカーNvidiaの世界シェアが失速

社会・政治・経済, 社会考察・雑感など

Geforceで知られる大手グラボメーカーNvidiaのシェアが
この1年で大きく失速しているようです。

JPR: Nvidia's graphics share slipped last quarterより。

昨年の第一四半期は28%だったのが、
今年の第一四半期には20%に落ち込み、
ライバルAMD社に抜かされました。


Geforceはここ最近、ミドルレンジクラスのグラボでは
パっとしないものが多く、
このクラスだとRadeon HD6850 HD6770(旧5770)が
性能、消費電力、価格共に
良いパフォーマンスを見せているのが要因かと思われます。(参考記事参照)

【参考記事】4Gamerのレビュー

【Nvidia :Geforce ミドルクラスのレビュー】

【GTS450】

「DX9性能が弱点で,GTS 250からの乗り換えは「ない」
買いかどうかは店頭価格次第か

【GTX460 SE】

「GTX 460 768MBの下位モデルとして価値はあるが
価格設定が現時点では絶対的におかしい」

【GTX550 Ti】

「バランスの取れた性能と価格,バランスを欠く消費電力」

【AMD:Radeonのミドルクラスレビュー】

【HD5770レビュー】

妥当な3D性能と消費電力,DX11対応が魅力
2万円以下という条件でこれから選ぶならHD 5770

【HD6850 レビュー】

カード長が短く,電源コネクタが1系統で済むHD 6850は要注目。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。