良かったら、ぜひTwitter等でシェアをお願いします!
SNSボタンの「COPY」は、該当記事のURLとタイトルのコピーになります。

秋葉原PCゲームフェスタ

日記・コラム, 日記・コラム・企画物, ゲームについて, ゲームのオフイベント

秋葉原のベルサールで4月29日~5月5日まで
PCゲームフェスタが開催されておりました。

1FではほとんどのPCゲーム(オンラインゲームが多い)が
プレイアブル(操作可能)状態での出展しておりました。
B1Fではゲームのイベントが開かれており、
連日FPS・TPSの大会を含むイベントがほとんどでした。

1Fを回ってみて気になったゲームは
「Portal2」(リンク先は4Gamerによるレビュー記事)
Potal2の隣のPCはフリージャックだったのですが、
それをプレイしていた人も自分のプレイを止めてじっと
Potal2のプレイに見入っていました(笑
(ちなみに僕も後ろで見入っていました)

元々「Portal」は
アメリカのゲーム専門の大学の卒業作品が
Valve社社長の目に止まり、
自分の会社の開発チームに引き入れ制作されたゲームで、
400万本を超える大ヒットとなり数々の賞を受賞した、
まさにアメリカンドリームな逸話を持つゲームです。
(ちなみにアメリカ任天堂が設立したゲーム系大学である)


B1FのFPS系のイベントは朝早くから長蛇の列。
入場制限もかかっておりました。
僕はペーパーマンのイベントに来てみたのですが、
下の画像の通りです。(クリックで拡大できます。)

列が奥からとぐろを巻いておりました。

聞いた話によると同じくFPS「A.V.A」はもっと凄かったらしいです。
もはやFPSのイベントはベルサールでは狭いという事ですね。

1000人は入れるような大きな会場で
FPSの大会が開かれる日も遠くない…事を祈ります。

スポンサーリンク
 

頑張って定期的に執筆していきますので、読者登録お願いします!
(新着の通知が届きます。)

ソシャゲの運営業務に携わり早10年。
デバッガー、サポート、プランナー、ディレクター、スクリプターなど。
ブログも書き続けて10年以上
趣味は、PC自作や社会の考察、オカルトなど。