ゲーマー逃避行ブログ

社会や経済、ゲーム産業やゲームユーザー、ネット文化について考察して語ります。

オカルト

個人的にガチだと思う心霊動画(Youtube)まとめ

僕はけっこう心霊動画好きで、よくYoutubeとかでも心霊動画を見ていたりする。 これはやらせじゃないかな、加工じゃないかな、と思う動画もたくさんあったけれど、それなりに信憑性がありそうなのを紹介したいと思う。夏だし。 (信憑性は僕の直感に頼りまし…

発見された「3本指の謎のミイラ」のDNA鑑定の結果が出ていた:オカルト_宇宙人

昨年、南米ペルーのナスカで気になるニュースを見つけた。「3本の指のミイラが出土した」というもの。 異星人か? ペルー・ナスカで発見された3本指を持つ奇妙な人型のミイラ : カラパイア 「こいつ本当に人間か!?」という異様な形のミイラ、もちろんDNA…

2018年1月は、オカルトな話題がブームだったことに気づく

2018年の1月は僕もオカルト企画でノストラダムス検証なんかをやったりしたんですが、僕のその記事は労力に見合わずアクセスも他の記事に比べると非常に低い、残念な数字でした。 【過去記事】 【特別企画】ノストラダムスの大予言を検証する、恐怖の大王編 -…

ノストラダムスの予言は二つの世界大戦を的中させていたか検証その2

www.daij1n.info さて、前回の記事の続き、ノストラダムスの予言の検証をやってきましょう。 前回は、見事、第二次世界大戦の予言があることが分かりました。ここまできたら、第一次世界大戦の予言もあるはずです。大丈夫、少なくとも二つの大戦ぐらいまでな…

ノストラダムスの予言は二つの世界大戦を的中させていたか検証その1

せっかくなので新春オカルト回を再開。 もし、ノストラダムスの予言が的中しているなら、そして、あいまいな表現の詩ならどうとでも解釈が可能であれば、「1999年7の月の恐怖の大王」の詩(百詩篇第10巻72番)から、時系列で解釈が可能である、ことを検証し…

ノストラダムスの予言が的中しているか検証してみて気になった点と思ったこと

新春特別企画として、オカルト回。その定番のノストラダムスの予言を10巻70番からラスト100番まで検証していきました。まるで取り付かれたかのように。 「曖昧な表現の詩なら、何とでもこじつけられる」とよく言われるますが、よく見かけるオカルト本は、こ…

【第5回】ノストラダムスの大予言を検証する、未来編その2

「新春特別企画」と、いうことで、オカルトの定番「ノストラダムスの大予言」を前回に引き続き検証していきたいと思います。 前回の記事 www.daij1n.info前回は「百詩篇第10巻90番」までやりました。 未来、ということで、確証はありませんが、今までのノス…

【第4回】ノストラダムスの大予言を検証する、未来編

さて、前回の続きです。新春特別オカルト企画(になった)。オカルトの定番、ノストラダムスの予言を検証していきます。 第4回目は前回に引き続き、未来と思われる詩を解釈していきます。 www.daij1n.info前回は百詩篇第10巻77番を解釈しました。 第1~3回…

【第3回】ノストラダムスはアメリカのトランプ政権の暴露本を予言していたか

ノストラダムスの予言を検証する第3弾。若干、閑話休題的な話になります。 ちょっと休憩を挟もうと思いきや、トランプ政権の暴露本が前倒し販売されるニュースを見つけて恐怖の大王の続きにそれっぽいことが書いてあったので急遽、1本だけやります。 【ニ…

【第2回】ノストラダムスの大予言を検証する、恐怖の大王後~現在編

引き続き、ノストラダムスの1999年恐怖の大王からおそらく現在までと思われる予言について、その解明に挑む記事

【特別企画】ノストラダムスの大予言を検証する、恐怖の大王編

ノストラダムスの予言が本当に当たっているのかどうか、自説で確かめる。1999年の恐怖の大王はいかに。など

富岡八幡宮のことと、他、不可解な神社の二つの事件

僕はテレビを見ない人なので、どのぐらい話題になっているのか見当もつかない。が、やはり個人的に気になった富岡八幡宮の殺人事件。 世の中間違ってやしませんか?|富岡八幡宮-富岡長子-公式ブログ [社会ニュース] ちょっと前に、都内の日枝神社で神主によ…

当サイトのプライバシーポリシーについて