ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

特定秘密保護法案の可決で分かる政治


しばらく世捨て人状態になったので、
近況のニュースが分からなかったのですが、
自民党政権時に特定秘密保護法案が可決しててわらた。

これがいわゆる分かりにくい政治の図式を出しているのかと思う。
一体どういうことか。  ■ 事の発端はおそらくあの事件

法案を見る限り、事の発端はおそらく、
尖閣諸島付近での中国船衝突事件の動画映像の流出事件」
だろう。
今回の法案では、この職員に関しての行動が
罰則として明文化されている。

事件の流れは下記の通り
尖閣諸島の海域で、中国漁船が日本の巡視船の警告を無視して巡視船に激突
・ 日本(当時民主党)、中国船船長を逮捕
・ 日本(当時民主党)、中国船船長を迅速に釈放
・ 日本(当時民主党)、中国側に配慮し情報非公開を決定。
・ 日本(当時民主党)、自民党の開示要求に対し、5,6分のディレクターズカット版を会議で公開
Youtubeにフルバージョンが流出する。
・ 流出させた職員は逮捕されなかった(相当する法律がなかった…らしい)し、減給処分にとどまった。

その後から政府で、
「国家機密ばらした職員とかなんで逮捕できんの? どうすんの?」
みたいな流れになった気がしたけど、
なんで自民党政権に変わった時で成立してしまうん?
えらい人でも教えてくれなさそう。

あとこれに関して変なニュースが目に付いた。

■ 変なニュース

関連する話題で目に付いたのがこのニュース
特定秘密保護法」強行成立!アメリカのプレッシャーで急いだ安倍内閣
(J-cast)

特定秘密保護法案の参院特別委の審議が突然打ち切られ、きょう6日(2013年12月)の参院本会議で強行成立となった。メインキャスターの小倉智昭は「なぜ安倍政権はここまで採決を急いだのでしょうか。以前からアメリカなどに、日本は秘密を守れない国だと言われていた。そういうプレッシャーも働いていたのかな」と語った。

いやいや、仮にアメリカ側からそういう要求が出たとしても
「そんなこといっても例えば
 沖縄返還時の支払い事情に関して秘密ばらしたのは
 アメリカ側だろうが!」

と突っ込みたい。

沖縄返還時の支払い事情の秘密公開事件について
  • 「日本は沖縄返還時、本来米軍が払うべき権利者への土地代金を日本が肩代わりする。」
    という密約があったんじゃないかと話題になる
  • 「日本政府(当時:自民党)はそれを否定」
  • 何十年か経ち、アメリカ「公文書は25年後公開しますよ法」に基づき勝手に情報公開
  • 公開されたアメリカ公文書にあった内容
    「日本は沖縄返還時、本来米軍が払うべき権利者への土地代金を日本が肩代わりする。400万ドル」
    「日本はアメリカに2億ドル弱払う」
    「日本は上記情報を非公開にする。アメリカも秘密をメディアにばらさないようにお願いする。」
※ 当時は1㌦300円 日本の物価は現在の3分の1

アメリカさん、秘密ばらしちゃいましたね。
賠償金とってもいいんじゃないか。

関係ないけど、個人的な感想としては
今の金額にして2000億円未満で沖縄返還してもらえたんだから、
安い買い物な気がしたけど、
これを秘密にする方針にした日本の意味も分からない。

■ 今回の成立で分かったこと、感想
  • 日本の政党って一貫性ないよね。これが分かりにくい原因な気がする。実は政党とか嘘で全部どっかで繋がってたりするんじゃ。
  • 原則として法案ができるのは「何かの事件があって」できるわけなのにそこらへん無視で政治語る人多いよね。新聞ニュース読まなくても、ある程度把握できるだろうに。 
  • よく「反対するのは売国奴」とかぬかして語ってる人間いるけど、
    例えば今回の件では「愛国者」というのは
    「あの時(中国船衝突の動画流出事件)、この法案があれば彼を犯罪者にできたのに!」
    という主張と同一になるのだが、今はそれが愛国者の言葉らしい。
    実にここ数年で自分の知る愛国者の意味が変わったものだ。
    → 追記: 補足すると現政権の法律解釈ではそもそも秘匿する必要性がなかったとして、お咎めなしの模様。
  • あと勝手に予想するけど、この法案を急ぐ理由をここでも述べてる過去事例から推測すると、何か外交上の大きいイベントが近い未来で起こりそうだね。おそらくお相手は(アメリカ・韓国・中国)付近で。
    そしてそれは上記で述べたように「日本側でない国の要求通りに動く」もしくは「日本側が日本以外に便宜を図ることにより何かを達成する」外交じゃないかな。
  • 民間会社は内部告発できる法律あるのに、国はできないなんて国家公務員は大変だなぁ。
    追記:公益通報に関する文章ありました。国でも規定に沿った形で内部告発は可能です。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】