ゲーマー逃避行ブログ

一日一考。ブラック企業な労働をしながら、日々を考える雑記ブログ

グラボ「Geforce GTX660」をベンチマークテスト


先日、Palit製のグラボ「Geforce GTX660」を購入しましたので、
早速ゲーム系のベンチでベンチマークテストしてみました。
ニュースサイト「4gamer」の記事によると、GTX580ぐらいの性能らしいです。
参考記事

以前のベンチマークの結果はこの前の「FX 8350」の時の記事をご参照ください。
前まで使っていたグラボは同じくPalit製のGeforce GTS450。

【変更部分】

以前今回
グラボGeforce GTS450Geforce GTX660 
VRAM GDDR5 1GB  GDDR5 2GB

それでは比較してみましょう。
ベンチマークテスト結果
 
 旧PC  新PC 
 3Dmark06  17106  21034 
 3Dmark11 P2636  P6029 
 新生FF14 5153
平均fps:42.557 
 8179
平均fps:74.357 
 pso2 ver2 12562 31528
 mhf第3弾 9932 22248
PSO2FF14は前回と同様最高画質での計測
3DMarkは前回と同様の無料版
※ 前回は忘れてましたが、3DMark11の各スコアは、「Graphics Score:6220」「 Physics Score:5738」 「Combined Score:5197」(前回の各スコアは不明)

3DMark06のスコアの伸び悩みは若干気になるところですが、
それ以外では凄まじい伸び率に!

この度の予算は約2万円です。
性能的には2年前のハイスペック、現ミドル上位ぐらいに進化したんじゃないでしょうか。 
割かし、今のゲームならすべて最高画質で動かせそうな予感すらします。 わくわく。

■ 備考

備考ですが、CPUを底上げした前回の結果を踏まえて、
「現代のゲームにおけるスコアは既にミドル以上であればCPUではなくGPUに強く影響する」
という説が少し伺える結果になりましたね。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】