ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

FX8350をベンチマークテスト


そろそろ我が家で使っていたCPU(PhenomⅡ ×4 910e)に
力不足感が出てきたので、
思い切って AMDのFX8350で新たにPCごと組み立ててみました。

922997_466337916777626_1244812186_n
※ 特徴的な缶パッケージ

ショップから買わず、
ケースからPC自作で組み立てたのは実に学生以来、
10年ぶりぐらいですかね。

新調した主なパーツ一覧は下記の通り

ケース:コルセアのATXタワー
電源: 600Wの80Plusブロンズ
CPU: FX8350
MEM: 8GB DDR3 1333
MB:  FX990 Extream 4

後は旧PCから使ってた
VGAGeforce 450GTS 1GB
他HDDなどを流用。 

■ まずは FX8350を低電圧化+オーバークロック
 
さまざまなレビュー等でこのFX8350は
「性能に比べ消費電力が高い!」
と言われておりますが、
こちらのレビューにもあるように、
その気になればがっつり省電力化できることが判明しております。

また、若干足りない性能は
定格4.0Ghzからターボコア仕様の4.2Ghz 常用(TCoff)で
カバーしていきたいと思います。

色々試したところ、電圧は定格の1.375v(高い!) 以外、
謎のエラーを吐きまくり、困りに困ったあげく、
「こいつが原因じゃね?」と、
「cpu load line calibration」を無効にしてみたら、
見事収まったので、とりあえず1.300vまで下げてみました。
本来、電源供給の安定化項目だったはずなのに何でだろう?
 
もっと頑張れば低電圧化できそうですが、
もうエラーと設定の連続に疲れてしまい、
最終的に「まぁこの辺が妥協点かな?」と思えたんで、
ここらでゲーム系ベンチを走らせました。

■ ゲーム系ベンチ比較へ

せっかくなんで今まで使っていたPhenomⅡ × 4 の旧PCと比較してみました。

【変更部分】
 旧PC 新PC
cpu phenomⅡ 910e 2.99Ghz  FX-8350 4.2Ghz 
mem DDR2 800 4G DDR3 1333 8G 
 
【結果】
 旧PC  新PC 
 3dmark06  14689  17106 
 3dmark11 P2495  P2636 
 新生FF14 3992 
平均fps:34.133 
 5153
平均fps:42.557 
 pso2 ver2 11228 12562
 mhf第3弾 9086 9932
FF14pso2は最高画質で計測

大体伸び率は10~20%。
TDPが65Wから125Wに膨れ上がったと考えれば、
うーーん、噂には聞いてましたが、
やはりワットパフォーマンスに関しては、
このAMD信者でも首をかしげざるを得ない。

うちは4コアPhenomからの乗り換えだったけど、
6コアPhenomからの乗り換えは、信者力が試されそう・・・

が、個人的にはほとんど使用しない「動画のエンコード速度」レベルになると、
この8コアを活かすとIntelのIvy3770Kと互角に戦えるらしい。
参考記事)※ H.264のベンチと、Cinebenchの項目

うまく電圧とオーバークロックを調節して、
これにあったゲームが出ればそこそこ早くなるかも?

まぁ、でもFF14のように確実にゲームは早くなってるはずなんで、
個人的には割かし満足してます。
 今後も改良版がAM3+ソケットから出ることを切に願います。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】