ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

秋葉原PCゲームフェスタ


秋葉原ベルサールで4月29日~5月5日まで
PCゲームフェスタが開催されておりました。

1FではほとんどのPCゲーム(オンラインゲームが多い)が
プレイアブル(操作可能)状態での出展しておりました。
B1Fではゲームのイベントが開かれており、
連日FPS・TPSの大会を含むイベントがほとんどでした。

1Fを回ってみて気になったゲームは
「Portal2」(リンク先は4Gamerによるレビュー記事)
Potal2の隣のPCはフリージャックだったのですが、
それをプレイしていた人も自分のプレイを止めてじっと
Potal2のプレイに見入っていました(笑
(ちなみに僕も後ろで見入っていました)

元々「Portal」は
アメリカのゲーム専門の大学の卒業作品が
Valve社社長の目に止まり、
自分の会社の開発チームに引き入れ制作されたゲームで、
400万本を超える大ヒットとなり数々の賞を受賞した、
まさにアメリカンドリームな逸話を持つゲームです。
(ちなみにアメリカ任天堂が設立したゲーム系大学である)
B1FのFPS系のイベントは朝早くから長蛇の列。
入場制限もかかっておりました。
僕はペーパーマンのイベントに来てみたのですが、
下の画像の通りです。(クリックで拡大できます。)

列が奥からとぐろを巻いておりました。

聞いた話によると同じくFPS「A.V.A」はもっと凄かったらしいです。
もはやFPSのイベントはベルサールでは狭いという事ですね。

1000人は入れるような大きな会場で
FPSの大会が開かれる日も遠くない…事を祈ります。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】