ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

ニコニコ生放送の練習


とりあえず、ひょんなことから
ニコニコ生放送の練習をすることになりました。


放送のためコミュニティも作りました。

放送ツールの使い方などに関しては
実況支援Wikiなどに詳しく書かれているので、
ここでは個人的に放送ツールを使った感想を
書いていきたいと思います。
使用した放送ツールの組み合わせについて

【SCFH + FME

定番の組み合わせ。
後述するXSplitと比べると画質的に物足りなさを感じました。

【XSplitのみ】(ウィンドウモードのゲーム配信)

H.264の設定プリセットをカスタマイズでき、
実際、Osu!やクロスファイアを生放送で配信した時は、
XSplitを使った方が画質が良かった気がします。

プリセットについてはニコニコ動画研究所様の
「XSplit で FMLE より高画質で配信する方法」
を参考(ほぼ丸写しで)に設定しました。

【SCFH + XSplit】(フルスクリーンゲーム配信)

Xpslitのスクリーンサイズ指定で、
フルスクリーンゲーム(1440*900)を
行おうとしたところ、急激にPCが重くなり、
ゲームのfpsが3分の1程度になってしまいました。

そこでSCFHを使いスクリーンサイズを指定、
SCFHカメラをXSplitで放送し、
上記のPC負荷の問題を解決しました。

以上から、今後、もし放送する場合は
「Xsplit」を中心に使っていきたいと思います。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】