ゲーマー逃避行ブログ

一日一考。ブラック企業な労働をしながら、日々を考える雑記ブログ

消費者庁が無料系ネットゲームに対し指針提示


無料系ネットゲームがモバイル・PCと共に定着してきましたが、
そのビジネスについて消費者庁がついに動いたようです。

Internet watchより
『フリーミアムで「完全無料」と誤認させたら不当表示、消費者庁が指針提示』
以下、引用から
例えばフリーミアムについては、
このビジネスモデルを採用する事業者が、
無料で利用できるサービスであることを
ことさらに強調する表示を行うことで、
実際には付加サービスが有料であるにもかかわらず、
付加サービスを含めて無料で利用できるとの誤認を
消費者に与える場合には、
景品表示法上の不当表示として問題になるとしている。

-中略-

これらの問題点を受けて消費者庁では、
事業者に対し、フリーミアムのビジネスモデルを採用する場合は、
無料で利用できるサービスの具体的内容・範囲を
正確かつ明確に表示することを求めている。

また、広告宣伝にも指針が提示されており、
以下、記事の引用から
また、口コミサイトについては、
グルメサイトやブログサイトなどにおける、
いわゆる“サクラ”による投稿について言及。
事業者が自ら口コミ情報を掲載あるいは第三者に依頼して掲載させ、
それが実際の商品・サービスよりも著しく優良であると
消費者に誤認されるようなものである場合は、
景品表示法上の不当表示として問題になるとしている。

とのこと。

いわゆる「ステルスマーケティングの禁止」です。

昔からぼちぼちネットでは問題視されておりましたが、
実際に今後、どういった事例に対し、
どのような判断を下していくのか気になるところです。

【関連URL】
消費者庁ニュースリリース(PDF)

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】