ゲーマー逃避行ブログ

一日一考。ブラック企業な労働をしながら、日々を考える雑記ブログ

日本とヨーロッパのPing値は改善されるかもしれない


今年の春ごろ、こんなニュースが流れていた。

『史上初「北極海ケーブル」で日欧の通信速度が向上』Wiredより

記事の引用から
こうしたプロジェクトの第1号は、「ロシア北極横断ケーブル・システム(Russian Trans-Arctic Cable System:RUTACS)」だ。
総額10億ドルのこのプロジェクトは、英国から日本まで、ロシアの北岸沿いにケーブルを敷設し、ロシアと中国にも支線を延ばすというものだ。
1.6Tbit/sという光ファイバーペアが6回線敷設され、東京・ロンドン間の遅延は76.58ミリ秒となる[現在の遅延は約230ミリ秒]。
建設開始予定は今年後半だ。

とのこと。

予定通りなら、そろそろ建設開始というところだろうか?
この遅延数値が正しいとすると、
開通後は日米のPing値よりロンドンの方が遅延が少なく、
その他、ヨーロッパですら日米よりも遅延が少ない状態になるかもしれない。

ワールドワイドにサッカーゲームFPSをするプレイヤーにとっては、
かなり朗報となるはず。
ぜひともプロジェクトの進捗が知りたいものである。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】