ゲーマー逃避行ブログ

一日一考。ブラック企業な労働をしながら、日々を考える雑記ブログ

Windows7と光回線


我が家は光回線(100M)である。
回線速度はベストエフォートであるから、100M出ることは珍しいことは分かっている。
しかし、昨日計測してみると、5~10Mbpsしか出ていないことが判明した。
なんでやねん!

いろいろと調べてみた結果、
原因はWindows Vista以降からあるというネットワーク自動調整。
どうやらこれが100Mbps光回線を想定して作られていないとのことで、
発生している、とのこと。
マイクロソフト様の当時の「次世代」に光回線はなかったらしい・・・
そんなわけでこの現状を打破すべく、なんとか設定を変更できないか調べてみることに。
よくあるRWIN・MTUの変更は、
この「ネットワーク自動調整」がある以上、できないらしい。

検索してたら下記のサイトに対処の方法があった。
「ひかり回線の設定」(かさのサイト)

管理者権限でコマンドプロントを起動
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp

下のコマンドはWindows7では本来デフォルトで有効になっているはずなのに、
なぜかなっていなかったらしく、有効にしたとたん、回線速度が跳ね上がった。
現在、おおよそ最大で75Mbps弱を計測、よかったよかった。

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】