ゲーマー逃避行ブログ

なるべく毎日更新していきたい。政治・経済・ゲーム・ゲーマー、その他の考察や面白い情報のお届けを目指すブログです。

ブラック労働に疲れ果てた僕、ストロングゼロに手を出し購入


なぜか最近ブームのサントリー「ストロングゼロ」
平日は酒を飲まず、土日も知人と飲む以外は一切、酒を口にしない僕も、話題だし、最近つらいことばかりだし、たまには晩酌するか、と夜食がてら飲んでみた。

ストロングゼロの話題は「ねとらぼ」に掲載されたものが詳しい。

nlab.itmedia.co.jp

下記のツイートが衝撃的だった。

僕は疲れている。回らない仕事、客からのクレーム。無情にも進む日付、せまる各締め切り。

ブラック労働の場合、仕事を回すだけで精一杯となる。回っているだけ。片方の会社の社員は全滅して、社員と会社の数が同じになったのだ、と言っても信じてもらえる方が少ないだろう。回せるわけがない。回っているだけで、奇跡なのだ。(当然、客にはそんな都合、関係ないと思うが)

巷で言われているほど、アルコールは助けになるのだろうか。

f:id:daij1n:20171216141024p:plain

ストロングゼロ350ml缶。「限定」という言葉に惑わされ購入。

コンビニで定価141円。アルコール度数9%。ビールより遥かに安く、度数は倍。糖類「0」でケミカルだ。

飲んでみたところ、半ばぐらいまでは、普通の缶チューハイと言う感じですっきり飲めた。半分ぐらい飲むと、なぜかケミカル風味のアルコールの味が目立ってくる。さすが糖類「0」を押し出しているお酒。少し我慢して残りの半分を飲み干したら、少し酔った感じになった。

コストパフォーマンス良く安く酔える。というのはたぶん、そうだと思う。僕は、これ一人で飲めるかな。一人じゃなくて、大勢で宅飲みとかだったら、飲めるかもしれない。僕は哲学者には、なれなかった。僕には毎日ストロングゼロを飲むことは、できない。

個人的な感想だけどウィスキー1本買ってきて、炭酸で適当に割って飲んだ方が、たぶん、気持ちよく酔えると思うよ。
ウィスキーは「オールドパー」が好きです。ちょっと癖のある風味が慣れると絶妙に良いのです。値段は750mlで3000円程度だけど、薄めればなんとか、コストパフォーマンス的に近づけるかもしれないですし。
ただ、同じ度数にしても、ストロングゼロのコスパに敵わないという。本当に安く手っ取り早く酔いたいならストロングゼロが最強かもしれない。
 
【広告】

Adsenseは酒の話題だめなので、下記のサイトのAdsense非表示が助かりました。代わりにmedi8さん貼ってます。

www.yutorism.jp

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】