ゲーマー逃避行ブログ

一日一考。世の中をいつでも、ナナメに読んで逃避行。

【広告】

2018年1月は、オカルトな話題がブームだったことに気づく

2018年の1月は僕もオカルト企画でノストラダムス検証なんかをやったりしたんですが、僕のその記事は労力に見合わずアクセスも他の記事に比べると非常に低い、残念な数字でした。

でも、Twitterではオカルトな事が話題になりましたね。ちょっとそのことについて書きたいと思います。

続きを読む

精神を患いドロップアウトしてしまった若い人にブログは勧めるべきか

なんか色々と相談を受けそうな雰囲気になった。

でも、ちょっと本題の前にこちらのブログのことから書いていきます。

Google AdSense(アドセンス)からPINのお手紙が届いた

f:id:daij1n:20180122040945p:plain

Google AdSenseは1000円以上たまると住所確認のためのハガキが送られるシステムで、11月が過ぎて「あぁ、これは缶ジュースコース」だと思っていた僕のブログは、なぜかクリスマス~年末前ぐらいの時だけ、ちょこっとクリックがあり、2ヶ月を経てようやく1000円以上を達成しました。

ハガキはこちらで手動で申請しなくてはダメなので、即刻申請。実際に届くまで3週間。人によっては、もっとかかる場合や、早い場合もあるそうです。

ただ、現仕様で8000円以上にならないと、振り込まれない仕組みらしく、まぁ、クリスマス期間中が特別だと考えると、これ、2年越しになりそうな予感です。

さて、このブログではもう一つ、【スポンサーリンク】と称して張っている「AdSense」とは別に、【広告】と称して張っている広告サービス「Medi8」があります。

こちらは、クリックではなく表示だけで収益になるので、2ヶ月間1度もクリックされなかった「ブログの一番上」と、おそらくクリックされないであろう、「一番下」に貼り付けています。とはいえ、収益は缶ジュース買えるかどうかな感じです。(PC版のみの話でスマートフォン版では一番下にのみ張り付けてます。)

つまり、ブログで副業クラスに稼ぐのは非常に難しい、ということを身にしみて感じているわけです。

続きを読む

日本国内の家庭用ゲーム機の売上から見る衰退の推移

news.denfaminicogamer.jp

以前、気になったニュースが流れていたので、メモ。

この記事の見る限り、家庭用ゲーム機(コンソール)の日本国内市場が停滞していることは分かる。が、日本のゲームメーカー自体は、世界のゲームメーカーの売上高を見てみると、現時点での世界でも割と戦えていることがわかる。

【参考リンク】

世界のゲーム企業売上トップ25社: 1位テンセント、2位ソニー、3位アクティ|みらいマニアックス !

(この記事内の売り上げはソシャゲの売り上げも入っていると思うけども) 

ここでは、世界で戦えているうんぬんではなく、日本国内の家庭用ゲーム機の売り上げを見つつ、国内市場衰退の原因を考えていく。

  • ゲーム機の売り上げで見る国内の家庭用ゲーム市場の衰退(もう、オワコンじゃな…)
    • プレイステーション時代
    • プレイステーション2時代
    •  プレイステーション3時代
    • プレイステーション4時代(現在なう)
  • 原因を考えてみる。原因は少子化+暇なし
    • アメリカ:子供は忙しく大人は暇?日本と逆の傾向
    • 日本の大人は忙しい?
    • 日本の大人の時間がない理由:年次有給休暇取得率から
  • 結論:購買層の時間の「ある」「なし」が「ソシャゲ」と「家庭用ゲーム機」を決定づける
続きを読む

おみくじはリアルなガチャであるinとある神社

会社からの帰り道に小さな稲荷神社があるのですが、小さな、といっても管理されていて立派なのです。

神社入り口
神社の入り口

この神社なんですが、変わったところがあって、実はおみくじやお守りの販売が…

おみくじガチャ
お守りガチャ
ガチャなんです!!

(な、なんだってー!)

おういえ、お菓子のガシャポン「スイーツステーション」by BANDAI

24時間、電気も使わず販売できる画期的スマートシステム!

【この神社について】

東灌森稲荷神社|北区観光ホームページ

続きを読む

ゲームに求められるストーリー、シナリオライターの地位

はてなブックマークに気になったエントリーがあった。

ストーリー不要の時代

ゲームのシナリオライターは、ゲームの一部でしかないから、しょうがない気がする。ゲームはゲームプレイがメイン体験で、他は割とオプションだと思う。

2018/01/16 20:16

現在のシナリオライターの地位についてお嘆きのようだ。恐らく、ゲームのシナリオライターと思われる。

続きを読む

ノストラダムスの予言は二つの世界大戦を的中させていたか検証その2

www.daij1n.info

さて、前回の記事の続き、ノストラダムスの予言の検証をやってきましょう。

前回は、見事、第二次世界大戦の予言があることが分かりました。ここまできたら、第一次世界大戦の予言もあるはずです。大丈夫、少なくとも二つの大戦ぐらいまでなら記録も豊富にあるし、いくらでもこじつけられるはず!

と、いうことで、今回は百詩篇第10巻50番~59番をネットの知識を用いて紐解いていきます。

詩の引用に使うのは下記のサイトです。

www42.atwiki.jpインターネットの力は素晴らしい! 

  • 百詩篇第10巻50番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻51番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻52番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻53番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻54番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻55番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻56番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻57番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻58番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻59番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 最後に
    • 過去記事
続きを読む

ノストラダムスの予言は二つの世界大戦を的中させていたか検証その1

せっかくなので新春オカルト回を再開。

もし、ノストラダムスの予言が的中しているなら、そして、あいまいな表現の詩ならどうとでも解釈が可能であれば、「1999年7の月の恐怖の大王」の詩(百詩篇第10巻72番)から、時系列で解釈が可能である、ことを検証していく。

少なくとも二つの大戦ぐらいまでなら記録も豊富にあるし、いけるだろ!

と、いうことです。

詩の引用に使うのは下記のサイトです。

www42.atwiki.jpインターネットの力は素晴らしい!

過去記事

  1. 【特別企画】ノストラダムスの大予言を検証する、恐怖の大王編 - ゲーマー逃避行ブログ
  2. 【第2回】ノストラダムスの大予言を検証する、恐怖の大王後~現在編 - ゲーマー逃避行ブログ
  3. 【第3回】ノストラダムスはアメリカのトランプ政権の暴露本を予言していたか
  4. 【第4回】ノストラダムスの大予言を検証する、未来編 - ゲーマー逃避行ブログ
  5. 【第5回】ノストラダムスの大予言を検証する、未来編その2 - ゲーマー逃避行ブログ

前提

  • 予言は的中しているものとみなして、検証していく。
  • 時系列順に並んでいる。
  • 特徴として、世界の変動を中心に見ている。よって世界に影響しない、一国だけの災害や事故などは今のところない。(少なくとも国を跨ぐ)

前回は百詩篇第10巻70番から、未来の100番まで進めたので、今度は逆行して過去に進めます。今回は、百詩篇第10巻60番~69番を解釈していきます。

  • 過去記事
  • 前提
  • 百詩篇第10巻60番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻61番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻62番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻63番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻64番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻65番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻66番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻67番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻68番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 百詩篇第10巻69番:ノストラダムスの予言を検証、解釈する
  • 最後に
続きを読む

当サイトのプライバシーポリシーについて

【広告】